Lenon


Lenonをフォローしよう!


発達障害の子供へのより良い話し方をまとめた「声かけ変換表」に反省させられる…!


発達障害

「どうしても部屋が片付けられない」「雑音が気になる」

「字が上手く書けない」「会話の空気が読み取れない」など、

日常のちょっとしたことが障害となる『発達障害』が一般的に認識され始めたのは、

最近のことではないでしょうか。

『発達障害』とは脳機能障害の一種で、他人とのコミュニケーションをとるのが得意ではありません。

遺伝と環境が原因とされていますが、はっきりとしたことは分かっていないのが現状です。

それでも間違いなく言えるのは、「本人のせいではない」ということです。

コミュニケーションが苦手なばかりに、イジメの対象となりがちな発達障害。

根本的な治療はまだ発見されていませんが、周囲の適切な対応で症状を緩和させることが出来るそうです。

そこで発達障害の子供に対する話し方をまとめた表を、次のページで詳しくご紹介いたします。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

要チェック!一つでも当てはまればあなたも“スマホ依存症”かもしれません・・・

スマホを持つようになり、私たちは以前よりSNSやネット、ゲームなどを行う時間が増えました。 スマホが …

駐車場で危険な運転をしていた営業マン→女性が放った一言でスカッとした!

スーパーやコンビニの駐車場で、 「危ない!」と声を上げたくなるほどの運転をする人を見かけたことはあり …

小学校の時の先生が行なったちょっとした工夫によって「人の話が理解できない子」が最先端の研究者に…!

「できない子」とレッテルを貼られる子は人の話が聞けなかったり、落ち着きがない子だったりします。 周囲 …

大雨の日に電車内で滑って転んだおじさんを嘲笑した大学生!しかし大学生はその後の展開に凍りつく・・・

転んだおじさん 大学3回生の終盤だった男性は、就職活動に日々力を入れていました。 ある日、大手の会社 …

トイレ掃除をしている女性をバカにした学生→そこに居合わせた1人の男性が言い放った言葉が心に響く…!

トイレの清掃員として働く女性 トイレの清掃員は簡単な仕事ではありません。 男女問わず定期的にトイレに …

PREV : 他の家に譲ったものの、20キロ歩いて戻ってきた猫に対し、飼い主がとった残酷な決断とは!?
自分のペットである4匹の犬を女性が捨てようとする瞬間を撮影し、全世界に拡散した結果…! : NEXT