Lenon


Lenonをフォローしよう!


期待に胸を膨らませてアメリカへ留学した日本人高校生を待ち受けていた残酷な運命とは…?


アメリカへの留学

16歳の服部剛丈(よしひろ)さんは、英語教室を開いていた母親の影響でアメリカに興味を持ち、

1992年の夏にアメリカ合衆国ルイジアナ州バトンルージュへ留学することにしました。

ホームステイ先は3人家族で、息子さんは剛丈さんと同世代のウェブさんと言います。

彼は優しいホストファミリーと共に留学生活を送る中、

家族に宛てた手紙や日記に様々なことを書き連ねていました。

中でも印象的な一文がこちらの言葉です。

「どこの国へ行くにしても、その国を『第二の故郷』と堂々と呼べるようになれば素晴らしい」

剛丈さんは、

「留学先がどこであろうと、そこで有意義な時間を過ごしたい」

という願いをこの文章に込めていたのでしょう。

そんな彼を待ち受けていた残酷な運命について、次のページで詳しくご紹介いたします。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

弱い心の子供に育ってしまわないように…やってはいけない3つの言動がこちら!

ラジオや新聞、雑誌などの人生相談コーナを聞いたり、読んだことはありますか? その相談の中で、涙ながら …

トイレ掃除をしている女性をバカにした学生→そこに居合わせた1人の男性が言い放った言葉が心に響く…!

トイレの清掃員として働く女性 トイレの清掃員は簡単な仕事ではありません。 男女問わず定期的にトイレに …

「息子のためと思い、叩いたり殴ったり厳しく躾けました」ある新聞に投稿した人の前時代的な考えに批判殺到!

子供の虐待がニュースになるたびに聞かれる親のコメントで、 「シツケのためにやった」ということをよく耳 …

モデルのカーリー・クロスが日本人の格好をしたら批判されて謝罪することに…日本とは違うアメリカの考え方とは?

アメリカのシカゴ出身である人気ファッションモデル、カーリー・クロスさん。 185センチの長身で美脚の …

近隣住民からの「コンビニ前の会社員が邪魔だからコンビニを使わせるな」というクレームを受け入れた結果、近隣住民までもが困る羽目に…!

日本の家族構成は核家族化が進み、閉鎖的な子育て環境、孤立する一人暮らしの老人などなど、 日本はどんど …

PREV : 愛があれば病気なんて関係ない!施設でカップルが病気を抱えた6歳の猫に一目惚れした結果・・・
失明を免れ、シェルターは快適なはずなのに不機嫌そうだった犬が願っていた幸せとは? : NEXT