このパトカーが原型を留めていないほど無残な姿になった真相に涙が止まらない…! | Lenon-2ページ

Lenon


Lenonをフォローしよう!


このパトカーが原型を留めていないほど無残な姿になった真相に涙が止まらない…!


押し寄せた津波

2011年の東日本大震災により、このパトカーは無残な姿となりました。

2011年3月11日当時、このパトカーに乗車していたのは増子洋一警視と佐藤雄太警部補の2人です。

大地震直後に彼らは住民への避難を呼びかけるため、

双葉郡の富岡町仏浜地内をパトカーで走っていたのです。

その途中で津波が押し寄せ、逃げる間もなく車体は激しい力で流されていきました。

1か月後、増子警視の遺体が陸地から30キロ離れた沖合で見つかりました。

佐藤警部補は未だに行方不明の状態です。

ボロボロの姿で見つかったパトカーへと手を合わせるため、

たくさんの人々が警察署を訪れるようになりました。

歴史的資料

やがて福島県警察は後世へ伝える目的のため、

町民や遺族と協力してこのパトカーを警察署に設置することにしたのです。

側の看板にはこのパトカーについて、震災の中で住民を守る為に職務を全うした人たちがいた事や、

地震・津波の脅威を示す歴史的資料として貴重なものだと記されていました。

この車体そのものが、福島県を襲った恐ろしい現実を表しているのです。

危険な状況下にも関わらず呼びかけ続けた彼らの行動によって、

きっとたくさんの命が救われたことでしょう。

増子警視と佐藤警部補による住民を助ける為の勇敢な行動に、心からの敬意を表します。

本当にありがとうございました。

気に入ったらいいね!してね♪

【関連記事】

一番の防災は「忘れないこと」!津波の恐怖を直に感じられる『防災広告』とは?

1メートルの津波を甘く見てはいけない!この7つのつぶやきで目覚めよ、地震慣れした日本人!!

日本で購入されたハーレーをカナダで発見→なぜかオーナーは受け取りを拒否!そこには2011年の津波から芽生えた深い思いが…

ヤマト運輸が値上げとサービスの縮小を発表しても不満の声が少ないのは東日本大震災の時の活躍があったから!

2011年3月12日→東日本大震災翌日に乗ったJALの機内アナウンスが忘れられない・・・

出典:Twitter




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

生徒の自由研究を「子どもが書くものじゃない」と突っぱねた教師に批判殺到!

自由研究 自由というだけに、子供たちが自分でテーマを決めて研究成果を発表する夏休みの宿題です。 小学 …

早朝に夫と大ゲンカした日の夕方、夫が事故に遭って還らぬ人に!夫の車の中にあった事故原因に言葉が出ない・・・

早朝の大ゲンカ 元気な5才のお子さんと、家ではぐ〜たらしている旦那さんの世話に追われる毎日を送ってい …

「努力は報われるとは限らない!もっと言えば…」イチローだからこそ言える名言が話題に・・・

「努力は報われるとは限らない」と語るメジャーリーガーのイチロー選手!彼だからこそ言える名言が話題に…!詳細はこちら・・・

ATMで10分以上も送金しようと操作し続けていたおばさんに若者が激怒!ところがおばさんの事情を知ると・・・

ある地方での、ATMにまつわるエピソードが話題になっていします。 その銀行は、1台しかATMがありま …

「何で言うこと聞かないの!?」ママの嘆き、他人から見ると理由は明白だった…?

朝から夜まで、24時間体制で世話をする子育ては本当に大変です。 次から次へと問題を起こすので、ママ達 …

PREV : モフモフな子犬と子猫のヨチヨチ歩きが可愛い!仲良し2匹が遊ぶ光景にキュン・・・
子猫とパパ猫の対決!?どうしても触れ合いたいパパ猫が恐る恐る近づくと予想外の展開に…! : NEXT