Lenon


Lenonをフォローしよう!


「神様お願い。7日間の元気な時間をください」52年共に過ごした妻に先立たれた71歳の男性の泣ける投書!


妻が願った最期の『七日間』

大切な誰かを残して自分の方が先にこの世を旅立つことになった時、

人が心の底から願うことは何でしょうか?

3月9日の朝日新聞を読んでいたTwitterユーザーのP.P. ピンカートン(@p_p_pinkerton)さんが、

掲載されていた1つの投書をTwitterに投稿して大きな話題となっています。

朝日新聞に投書をしたのは、神奈川県に住んでいる71歳の男性で宮本英司さんと言います。

投書のタイトルは「妻が願った最期の『七日間』」。

彼の奥様である容子さんは、1月中旬に亡くなりました。

奥様は「七日間」と題した詩をノートに書き残し、入院していたベッドの枕元に置かれていました。

詳細は次のページにてご紹介いたします。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

ホームレスに朝食を買ってあげた若い母親!別れ際に彼のメモを受け取り、思わず言葉を失った・・・

ドーナツ屋で出会ったホームレス アメリカのニュー・ハンプシャーに住むケイシー・フイッチャーさんは学生 …

冗談で「誰か靴を買ってくれない?」と言ってみた→親友の行動に涙が止まらない…!

「誰か靴を買ってくれない?」と冗談のつもりで言ってみた!それを受けて親友がとった行動に、冗談を言った人は涙が止まらなかった・・・

耳の聞こえないおばあちゃんと生後9ヶ月の孫が声を出さずに会話する様子に感動…!

コミュニケーションを取るためには、会話が必要不可欠です。 自分の思っていることは、声に出さないと伝わ …

余命が残りわずかでありながらも、妹の誕生日まで懸命に生き抜いた少年!

少年は余命が残りわずかと宣告されながらも、妹の誕生日まで懸命に生き抜いた!胸が熱くなるエピソードはこちら・・・

市原隼人の娘が料理に失敗して大号泣→「大事なのは」その時、市原隼人がかけた言葉に称賛の声続々!

子供の感性は、大人には到底及ぶことができないほど鋭いものがあります。 彼らは社会的通念に毒されていな …

PREV : 競売場の地獄のような囲いから救出された馬は同じ境遇の動物たちから「愛」を教わる!
10歳の少年からひとりぼっちの子猫を託された新しい母猫!その後の子猫は・・・ : NEXT