Lenon


Lenonをフォローしよう!


もうすぐこの世からいなくなる女性の腕に駆け寄ってきたものに、看護婦たちはショックと涙が止まらない…!


ある女性がガンを告知されました。

その人は、ブラジルのボルトアレグレに住む、レハネ・チリさん49歳です。

彼女を蝕んでいるガンは体中に転移し、末期の状態でした。

毎日レハナさんのもとに、家族や友達が訪れてお見舞いにきましたが、ハレネさんにはとても会いたいある友達がいて、彼女は病床の中でいつも心を痛めていたのです。

その友達とは誰のことでしょう?

ハレネさんの熱い思いと周囲の愛情で、友達との再会が叶うことになります。

涙が止まらなくなるようなエピソードの続きは、次のページをご覧ください。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

衰弱した子猫と怪我を負った犬がお互いに支え合う姿に胸が熱くなる・・・

キングとライラ ある日、生後8ヶ月の子犬が「Kentucky Humane Society」という、 …

海岸に残された足跡の主が送っている悲しいメッセージを人間は必ず受け取らなければいけない…!

ウミガメの産卵シーンを、テレビや本などで見たことはありませんか? 海中ではもの凄い早さで泳げるウミガ …

優しい女性に保護されたオポッサムは彼女に優しさに触れ、野生での暮らしを捨てて彼女との生活を選んだ!

皆さんはオポッサムという動物をご存知ですか? アメリカ大陸に生息している小動物で、死んだふりをするこ …

母親のお腹の上でぐっすり眠るラッコの赤ちゃんが可愛すぎて頬が緩むのを抑えられない・・・

眠るラッコ あなたは今年、水族館へ遊びに行きましたか? まだ行っていないという方は、日々の疲れを癒や …

その醜すぎると言われた見た目ゆえ、見向きもされなかった子猫→ケージの中で家族との出会いを待ち続けた結果…!

私たちは、何でも「美」に価値を持ちすぎているように感じませんか? もちろん、美しいものを見たり所有し …

PREV : 飢えと病気でみすぼらしい状態だった犬を助けた獣医→でもそれは犬ではなかった…!
ゴリラにミルクを与えて育てた男性が5年の歳月を経て再会→その瞬間緊張が解け、時間が巻き戻った…! : NEXT