老夫婦が休暇で訪れたビーチで出会ったのは34匹の野良犬と野良猫!放っておけずにこんなことをした・・・ | Lenon-2ページ

Lenon


Lenonをフォローしよう!


老夫婦が休暇で訪れたビーチで出会ったのは34匹の野良犬と野良猫!放っておけずにこんなことをした・・・


老夫婦の固い決意

ホールさん夫婦は考えました。

あの子達を救う方法はないか?

しかし、引き取り先を探すにしても夏期休暇中に34匹すべての引き取り先を探すのは困難です。

そこでホールさん夫婦はなんと、34匹全員をアメリカの自宅に連れて行き、それから里親を探す事にしたのです!

とはいえ、34匹の野良犬と野良猫を連れて行くにはすべてにワクチン接種と避妊去勢手術を施さなければいけません。

またアメリカまでの輸送費34匹分が必要です

これらをすべての賄える余裕は2人にはありませんでした。

そこでホールさん夫婦は、不特定多数の人がインターネットを通じて他の人や組織に財源の提供や協力をする、

『クラウドファンディング』で寄付金を募りました。

kyuuka4

kyuuka5

新たな目標

そしてホールさん夫婦はまた新たな目標を掲げました。

『34匹すべてに“永遠の家”を見つける』

この新たな目標を達成するために『Baja 34 Rescue Project 』を設立し、現段階では3匹の子犬が新しい家族に引き取られ、幸せに暮らしているそうです。

kyuuka6

動画はこちら!

今回は外国のエピソードでしたが、人間の身勝手な行動で捨て犬や捨て猫が増えているのは日本も同じです。

犬や猫などのペットを家族として迎える以上は、責任を持って最期の日が来るまで共に生きる事が絶対条件です。

そして、その子孫が増えた時にすべての面倒を見れないのなら、必ず避妊・去勢手術を行わなければなりません。

何故なら、捨てられた犬や猫は手術を施されていないのがほとんどのため、そこでまた増えてしまうのです。

そして結果、ほとんどの命が殺処分という形で失われてしまいます。

小さな命を救えないのなら、ペットの避妊・去勢手術をする事が大切です。

そういった意識が広まることによって、命は守られていくのです。

出典:YouTube

【関連記事】

体中が腫瘍まみれになってしまっていた野良犬→2ヶ月後、近所で列ができるほどの人気者へと大変身!

長い間お世話していた野良猫ともっと仲良くなりたい→家に招待すると猫から信じられないサプライズが…!

瀕死状態で皮膚がボロボロになった野良犬。2ヶ月の治療後に奇跡の大変身!

自然の中での授乳!野良犬が子猫のお母さん代わりに!?保護された後も・・・

保護した野良猫は妊娠していた!2ヶ月後、驚愕の光景が・・・!

 




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  1. 匿名 より:

    ただ読んで、いいね。するだけでしょうか。
    大切なのは、この老夫婦のような行動なのではないでしょうか?
    この記事を読んで、自分に何ができるか考えて欲しい。

  関連記事

まさに運命の出会い!ボランティア研修で通ったシェルターで猫に選ばれた飼い主!?

ボランティアの研修で通ったシェルターで運命の出会いを果たした猫と飼い主さん!飼い主が猫を選ぶのではなく、猫に飼い主が選ばれた!?

飼い主の声に返事した時の、アラスカンマラミュートの鳴き声が可愛すぎる・・・

飼い主さんに声をかけられたアラスカンマラミュートの子犬!それに返事をした時の鳴き声が愛おしすぎて困ってしまいます・・・

猫と運命の出会いを果たしたことで飛行機に乗れなくなった31年前→しかしその飛行機は・・・

8月12日、ピアニストの諸田由里子さんがTwitterに投稿した内容が、ネット上で大きな反響を呼んで …

「これで元気出して…」悲しんでいる飼い主を慰めるために愛犬がとった健気な行動に心温まる・・・

悲しみに暮れる飼い主 犬には他者の気持ちを共有しようとする所があります。 その対象が親しい仲間や飼い …

アザラシとウミガメが寄り添いながら漂う悲しい事情に考えさせられる・・・

ウミガメとアザラシが寄り添いながら漂っています!一見ほっこりする様子ですが、そこには悲しい事情があったのです・・・

PREV : キチンとお留守番できたいい子な猫→しかし飼い主が買ってきた笹かまぼこは猫用ではなかった結果…!
お別れを言おうとしただけの両親に、瀕死の娘が取った奇跡の行動とは…!? : NEXT