譲渡が難しい盲目の犬のため、預かりボランティアの夫婦がとった行動に胸が熱くなる…! | Lenon-2ページ

Lenon


Lenonをフォローしよう!


譲渡が難しい盲目の犬のため、預かりボランティアの夫婦がとった行動に胸が熱くなる…!


両眼破裂

バークリーは毛玉がもつれて、汚れているだけではありません。

彼の両目は眼球破裂という状態で、完全に失明していたのです。

口の中の状態も悪く、歯もボロボロでした。

早急に両目摘出の手術が行われ、バークリーの目は2度と開くことはなくなりました。

シニア犬であり、両目の眼球を摘出されたバークリー。

新しい飼い主を見つけるにはかなり厳しい条件にです。

それでもジャネットさんは、退院後にバークリーの写真をSNSに投稿してみました。

すると、保安官のアール・ハナーさんから預かりの申し出があったのです。

アールさん夫婦は、この1ヶ月前にも箱に入れられた状態で捨てられた子犬を引き取ったばかりでした。

その他にも7匹のパグを保護し、定期的に保護犬の預かりをしていたのです。

そんなアールさん夫婦が、「盲目の犬の飼育経験があるので、ぜひ預かりたい」と言ってくれたそうです。

動物愛に溢れた夫婦

預かり犬で溢れていたアールさんの家ですが、譲渡の条件が厳しいバークリーにある決断をします。

「この子は10歳で両目を失い、里親探しは難しいだろう。光は見えなくても私たちが明るい暮らしを送らせてあげたい。」

シャイな性格だったバークリーですがアールさんのお宅で暮らすようになると、

いつもシッポを振っている明るい性格になったそうです。

先住の犬達もバークリーを受け入れ、

特に生後4ヶ月の「ブリジット」は目が見えなくても走る彼のペースに合わせて行動してくれるそうです。

保護団体のジャネットさんは、アールさん夫婦について次のように語りました。

「感謝の言葉すら見つかりません。夫婦は思いやりがあり、動物愛に溢れているのです。」

年齢や障害も全て受け入れてくれたアールさん夫婦。

バークリーに本当の幸せが訪れたようですね。

気に入ったらいいね!してね♪

【関連記事】

盲目となって公園に捨てられ、妊娠した形跡もあった犬が手にできた幸せとは!?

ある日突然目が見えず、耳も聞こえなくなった犬!それでも変わらぬ愛情に涙が溢れる・・・

愛する飼い主との突然の別れというつらい現実を乗り越え、新しい家族との出会いを待つ目が見えない犬!

「凶暴」で「障害を持っている」と言う2つのハンデを抱える犬を救った同じ苦しみに悩む姉妹!

悲惨なネグレクトの影響でボロボロだった犬を虐待を許さない人々の愛が救う・・・

出典:The Dodo/Facebook




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

忘れ物をしてしまったので犬のリードをつないで取りに行った→飼い主が戻った時、褒めずにはいられなかった!

よく躾されたワンちゃんは、飼い主さんの命令を忠実に守ります。 かなり訓練されている牧羊犬は、飼い主さ …

台湾警察に新しく入った6匹の子犬!期待の新星たちの愛くるしさに世界中の人々がメロメロ(笑)

新北市警察 皆さんは、普段から仕事で忙しい日々を送っている事と思います。 そしてたまに仕事の量が多す …

息苦しかった施設生活が終わり、幸せな時間をプレゼントされたベッドで謳歌する猫に心温まる・・・

ソフィー この子の名前はソフィー(Sophie)。 飼い主はビスキュージ(Christiana Vi …

生まれたばかりの赤ちゃんと愛情を注ぐ親猫→溢れる親子愛に癒されずにはいられない…!

日頃のストレスが溜まって疲れやすくなりますよね。 上司の機嫌に気を使わなければならないし、同僚の枠か …

ボロボロの状態だった野良猫が保護してたった1日で美しく生まれ変わり、幸せを手にする!

フリスビー 野良猫の「フリスビー」は発見された当時、 身体中がかなり汚れている上に全身の毛がボサボサ …

PREV : 「娘つえーな!」イジメを受け、先生も助けてくれずに心配する母に娘が発した言葉がすごい…!
すれ違った白バイがわざわざUターンしてまでとった行動に尊敬するしかない・・・ : NEXT