Lenon


Lenonをフォローしよう!


悲しそうな顔をした両耳のない子猫を保護し、回復することを願って愛情を注ぎ続けた結果・・・


両耳のない猫

ある住宅地で保護された1匹の野良猫が、動物愛護団体のもとに運ばれてきました。

その猫は数年前からカナダのモントリオールの住宅地でたびたび目撃されていたものの、

保護されるまでの間に人からケアを受けたことは一度もないそうです。

そのため、「ハンシック」と呼ばれることになるその猫が保護されたばかりの頃は、

凍傷で耳を失くしている上に体はガリガリで傷だらけという状態でした。

ハンシックが動物病院で検査を受けた結果、猫エイズウイルス(FIV)に感染していることが分かりました。

しかし命に別状はなく、

猫エイズウイルスが人間に感染することもないので安心してハンシックを構うことができます。

次のページでは、スタッフから愛情をもらったハンシックの姿をご紹介いたします。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

弟分ができて喜んでいる飼い犬!見た目からして2匹は深い絆で結ばれていた?

人間の家族と一緒に暮らしている犬は、毎日どんな思いでいるのでしょう。 一緒に生活して一緒に散歩に行っ …

目が見えなくなった元医師が自分の盲導犬の背中で小型カメラを回した結果、恐ろしい事実が発覚した…!

街中で見かける「盲導犬」。 盲導犬は視覚障害者の目となり、共に生活をサポートしていく立派な使命があり …

虐待から逃げ続けた野良犬がたどり着いたのは警察署→そこで彼が得たものとは・・・?

迷い犬? ある日のこと、プエルトリコのバヤモンという町のある警察署に、 フラフラとした足取りの野良犬 …

動物病院へ去勢手術を終えた猫を迎えに行き、顔を見せると・・・(笑)

猫は無表情と言われていますが、そのかわり飼い主さんには違う方法で意思表示をします。 猫を飼った経験の …

野良猫からの、ご飯をくれた家族への可愛すぎる恩返しにほっこり・・・

猫を1匹飼うのに掛かる費用は、大体150万円という記事を目にしたことがあります。 餌代や病院代、猫の …

PREV : 西日本の豪雨を受けて多額の寄付を表明した台湾!ただただ感謝しかありません・・・
被災者から救助をお願いされるも、それを断った高須院長!その真意に称賛の声続々・・・ : NEXT