Lenon


Lenonをフォローしよう!


麻痺を起こしたままの状態でゴミ箱に捨てられていたワンちゃんがようやく救助された結果・・・


飼い主の都合で捨てられてしまう犬達。

気軽に保健所や保護センターに連れてくるのも許せません。

しかし、まるでゴミのように捨てられてしまう犬もいるのです。

ゴミ扱いされた犬の気持ちを思うと、

まだ里親を探そうとしてくれる施設に預けられる方が良いのかもしれません。

今回ご紹介するワンちゃんは、名前を「スザンナ」と言います。

スザンナはとても人懐っこい性格をした、3歳になる女の子です。

犬の3歳といえば人間の28歳頃で、一番健康的な年ごろのはずでした。

しかし、動物レスキューに発見された時のスザンナは、若い犬とは思えないひどい状態だったそうです。

心優しいスザンナの酷すぎる過去と再生の物語を、次のページで詳しくお伝えいたします。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

ドアを開けてほしい猫!向こう側で待っていたものにほっこり癒される・・・

猫がドアを開けてほしそうにしています…!ドアの向こう側で待っていたものにほっこり癒されること間違いなし・・・

特別な日であろうが飼い主である「ママ」から片時もくっついて離れない猫!

エンジェル オハイオ州に住むコートニーさんは、 4年前に「Cleveland Animal Prot …

ゴミの収集をしている男性の作業員が死にかけていた子猫をゴミ箱から救出!

ウイリアム・グラビルさんは、アメリカのカルフォルニア州でゴミ収集作業員として働いています。 彼は今か …

農場ショーで疲れ果て、会場で自分の牛の隣で眠る少年の姿に多くの人々が心打たれる…!

乳牛展覧会 アメリカのアイオワ州に住んでいるミッチェル・マイナー君は、 自慢の愛牛であるオードリと一 …

宮城で10年ぶりに生まれた、通年白毛の貴重なホッキョクギツネの赤ちゃんが誕生!とってもかわいいです!!

みなさんはホッキョクギツネについてご存じですか? 今回宮城県白石市にある宮城蔵王キツネ村で、白毛のホ …

PREV : あまりにもバカげた移籍金だったことでスペイン人に笑われた日本人がW杯で奇跡を起こす!
ヒーローは日本に実在した!国内唯一の特殊車両が西日本豪雨のために救助へ向かう・・・ : NEXT