Lenon


Lenonをフォローしよう!


行き場を失ったミニブタが猫の保護団体に引き取られた結果・・・


猫とミニブタ

アメリカのインディアナ州にある保護団体『Here Kitty Kitty Rescue(HKKR)』は、

猫専門の保護団体です。

しかし異なる動物でも同じ命、時には猫とは違う動物も保護しています。

HKKRのスタッフであるジェニファーさんは、

猫の保護に向かった先でポットベリードピッグの「ポーカー」と出会いました。

生後3ヶ月で体重は13キロほどありましたが、

他にも保護しているミニブタと『ピグミーゴート(超小型ヤギ)』が2頭いたので引き取ることにしたのです。

施設に到着するとたくさんの猫たちから歓迎されましが、

ポーカー自身はここに馴染むことができるのでしょうか?

気になる方は次のページをご覧ください。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

女性は目の前にホームレスの男性を見かけたが気にせず車を走らせようとした→しかしボール紙に書かれた言葉を見て急ブレーキを踏まずにはいられなかった…!

皆さんは犬は好きですか? 犬は元気で活動的で、一緒に散歩したり遊んだりするのがすごく楽しくて良いです …

老猫を老人ホームに派遣するという保護施設のプログラムがみんな幸せになれると話題に!

アニマルセラピーの効果は絶大的です。 動物の持っている癒しパワーが、心を閉ざしてしまった子ども達にも …

まるで人間から逃れるように砂漠の泥水で喉を潤していた犬!4ヶ月間懸命に手を差し伸べ続けた結果・・・

アメリカのロサンゼルスを拠点に活動する動物保護団体『Hope for Paws(以下HfP)』は、 …

謎の遊びに夢中な子猫!でもかわいいからずっと見ていられそう・・・

ペットが無心に遊ぶ姿を見るのは、心癒されます。 ところが飼い主に理解できない彼らだけの楽しみもあるよ …

木の下でちょっとお昼寝していた男性→こんな動物による寝起きドッキリは見たことがない!

チーターが大好きな動物愛好家のドルフ・フォルカーさんは、 2014年と2015年の夏の期間にボランテ …

PREV : W杯を終えた日本代表を迎えたスタッフの素敵な行動に目頭が熱くなる・・・
「どうしてそこまで!?」W杯の日本対ベルギー戦を前に台湾人がとった行動に驚きの声続々! : NEXT