Lenon


Lenonをフォローしよう!


昔から猫が嫌いだった男性がたまたま出会った子猫に命を救われ、人生が180度変化する!


PTSDを患った猫嫌い

救急隊員として働いていた男性は、数ヶ月前にPTSD(心的外傷後ストレス障害)と診断されました。

この障害について、男性は次のように語ります。

「私は毎晩のように悪夢にうなされ、夢の中では何かに追われて運転をしていました。」

救急隊員の男性は仕事柄、衝撃的な現場で人の命を救ってきました。

また、この職業の方は命を救えなかった時のショックも大きいとのこと。

そんな心の病に苦しんでいる時に、1匹の子猫と出会うことになります。

悪夢から逃れるため、お酒に依存するようになった男性は症状が悪化する一方でした。

そんな中、友人のパーティーで子猫の里親にならないかと声を掛けられます。

場の雰囲気と気分が高揚しているせいもあり、

猫嫌いでありながら子猫を引き取ることに同意してしまいました。

猫嫌いで飼ったこともない男性ですが、一体どうなってしまうのでしょう?

その後の展開は、次のページで詳しくお伝えいたします。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

ダンボールに入っていた捨て猫のマイクロチップで判明した驚きの事実とは!?

猫の平均寿命 猫の平均年齢をご存知ですか? 野良猫の平均年齢は2~3歳ですが、室内飼いの猫の寿命は1 …

身勝手な理由で捨てられるも、飼い主を信じて1年以上も同じ場所で待ち続ける猫に胸が締め付けられる…!

帰っては来ない飼い主さんを待ち続けていたと言われる「忠犬ハチ公」。 ハチ公は、渋谷の駅前で勤めから帰 …

老犬との最後のドライブを写した写真が規約違反に!しかしその背景に涙が止まらない・・・

近年、空前のペットブームで犬や猫を飼う人が増えています。 しかし、家族同然の犬や猫にも必ずお別れの時 …

出来栄えに思わず胸キュンとする、ハスキー犬と猫が並んだ写真がこちら…!

あるご家庭で暮らしているハスキー犬と猫が、一緒に並んだ写真が話題に!その写真の出来栄えに、思わず胸キュンすること間違いなし・・・

ボロボロの状態で発見された15歳の老猫が保護された施設で運命の人と出会うと・・・

ある日、全身ボサボサの15歳の老猫が発見され、『ボールヒーズ・アニマル孤児院』へ保護されました。 ス …

PREV : 子育てに追い詰められて大声を出した母親に対して隣の奥様がとった行動に心温まる・・・
W杯でロシアの人々がハチマキを巻いて日本を応援してくれていた理由に感動・・・ : NEXT