Lenon


Lenonをフォローしよう!


酷い痛みを抱えていて撫でられる状態でなかったボーダーコリーが運命の男性と出会い、新たな冒険の旅へ!


集団生活をする動物は、スキンシップが欠かせません。

私たち人間も、握手やハグをします。

そう言ったコミュニケーションは、身近にいるワンちゃんも同じです。

愛犬を撫でると幸せそうな顔になり、

飼い主さんも悲しい時にワンちゃんを抱きしめると慰められるのではないでしょうか?

しかし全身が皮膚疾患のため、触ることができない犬がいました。

今回ご紹介するワンちゃんは、1歳になるボーダーコリーの「コング」です。

アメリカのオクラホマ州クレアモアにある保健所に、酷い皮膚疾患を患った状態で収容されました。

毛が抜け落ち、赤くただれた皮膚は激しい痛みを抱えていました。

そのため、コングの気を落ち着かせるための撫でる行為すらできない状態だったそうです。

果たして痛々しいコングには、どのような未来が待っているのでしょうか?

気になる方は次のページをご覧ください。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

「ご主人様の指捕まえたニャ!」飼い主さんとの意思疎通を図る天使のような子猫がたまらない・・・

飼い主との意思疎通を、小さいながらも一生懸命している子猫ちゃんにキュン! 今にも、飼い主さんに飛びつ …

捨てられてひとりぼっちだった豚に寄り添い続ける野良猫!しかし2匹が離れ離れになる危機に・・・

豚のネリーは飼い主である農場主に捨てられて、 誰もいない農場に友達である野良猫のペドロと暮らしていま …

柴犬さん、写真撮影だと思って決めポーズ!実は動画撮影だったとわかった時の絶妙なリアクションがこちら(笑)

人はカメラを向けられると、ついつい顔を作ってしまいがちですよね。 「撮るよー!」の掛け声と共にカメラ …

瀕死状態で皮膚がボロボロになった野良犬。2ヶ月の治療後に奇跡の大変身!

※治療前の姿の写真や動画は皮膚がボロボロで大変痛々しい姿をしています。苦手な方はご注意下さい。 痛々 …

猫専用の通路に大きな障害物(犬)何としても通りたかった猫の優しい対応がこちら!

猫を飼っているお家の扉や壁によくある、猫用の小さな通路。 猫を飼っているあるお宅にも、そうした通路が …

PREV : サハラ砂漠のど真ん中で車が故障した結果、わずか12日で車をバイクに改造して難を逃れた男性!
素敵な優しい世界!電車に向かって手を振る少年に対する運転士さんの対応にほっこり・・・ : NEXT