Lenon


Lenonをフォローしよう!


安楽死させられる2日前に救出されたビーグル犬がとった行動に涙が止まらない・・・


安楽死の2日前

アメリカの動物保護施設は大きく2種類のタイプが存在します。

1つは絶対に動物たちを安楽死させない施設、もう1種類はやむを得ない場合には安楽死させる施設です。

オハイオ州で動物保護シェルター

「ハウンド・レスキュー・アンド・サンクチュアリ」を営んでいたシェンりーさんと言う女性はある日、

夫のジョーさんと共に地元の動物保護施設へ行きました。

そこで2歳のオスのビーグル犬「グレゴリー」と出会います。

彼はフィラリアの一種である「犬糸状虫(いぬしじょうちゅう)」の陽性反応出たと言う理由で、

2日後に安楽死することが決まっていました。

シェンリーさんたちはすぐにグレゴリーを引き取り、自宅へ連れ帰ることに。

その時、グレゴリーが連れられて車の中でとった行動を、次のページで詳しくご紹介いたします。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

杖をついているおじいさんと一緒に歩く犬!ゆっくりとした足取りに溢れる優しさにほっこり・・・

誰でも見たことのある「犬の散歩」の姿。 犬を飼った事のある人でしたら経験したこともありますよね? そ …

特別な日であろうが飼い主である「ママ」から片時もくっついて離れない猫!

エンジェル オハイオ州に住むコートニーさんは、 4年前に「Cleveland Animal Prot …

施設の職員に毎日ハグをして必死に愛情を示すカンガルーにほっこり・・・

今回は、毎日ハグをして感謝の気持ちを表すカンガルーの素敵なお話をご紹介します。 「アビゲイル」と名付 …

実はお風呂嫌い?まだ入ってないのに入浴気分で犬掻きするワンちゃんの表情が・・・

まだ湯船に浸かっていないのに、犬掻きしちゃってる柴犬ちゃん。 「ボク、お風呂好きだよ。いつもお風呂に …

顔の曲がったワンちゃんに対してこの獣医は安楽死ではなく里親という選択を選んだ!

顔の曲がったワンちゃんに対して、この獣医は安楽死させるのではなく自らが里親になるという選択肢を選んだ…!詳細はこちら・・・

PREV : 「私の夫と結婚して」ガンを患った妻が最期に言い残したことを実行した夫の20年後に涙…!
「普通」って何だろう?人と違う顔を持つ男の子の挑戦に温かな涙が溢れる・・・ : NEXT