Lenon


Lenonをフォローしよう!


安楽死させられる2日前に救出されたビーグル犬がとった行動に涙が止まらない・・・


安楽死の2日前

アメリカの動物保護施設は大きく2種類のタイプが存在します。

1つは絶対に動物たちを安楽死させない施設、もう1種類はやむを得ない場合には安楽死させる施設です。

オハイオ州で動物保護シェルター

「ハウンド・レスキュー・アンド・サンクチュアリ」を営んでいたシェンりーさんと言う女性はある日、

夫のジョーさんと共に地元の動物保護施設へ行きました。

そこで2歳のオスのビーグル犬「グレゴリー」と出会います。

彼はフィラリアの一種である「犬糸状虫(いぬしじょうちゅう)」の陽性反応出たと言う理由で、

2日後に安楽死することが決まっていました。

シェンリーさんたちはすぐにグレゴリーを引き取り、自宅へ連れ帰ることに。

その時、グレゴリーが連れられて車の中でとった行動を、次のページで詳しくご紹介いたします。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

6回もの脳腫瘍を耐えた女性が見つけたのは小さな子猫!保護してから彼女の生活が変わり、半年後・・・

オフィスの片隅に… 看護師として人々を助ける仕事をするララミー・エヴァンスさん。 彼女は6回もの脳腫 …

両親が息子に夕食の手伝いをお願いした→断る息子と同じ質問をワンちゃんにすると…「えっ、今なんて言った!?

おしゃべりなペットといえば、インコなどの鳥類ですよね。 あまり知られていませんが、頭の良いカラスも根 …

最悪の事件、三毛別羆事件の熊より大きい体重400キロの熊が存在した!想像を絶する巨体に誰もが騒然・・・

1915年北海道の農村で起きたおぞましい「三毛別羆事件」をご存知でしょうか? 体重340キロ、体長2 …

小さなサル、ショウガラゴの「ピザトル君」が犯罪レベルで可愛すぎると話題に!

ショウガラゴ TwitterやFacebook、インスタグラムでは自身の大切なペットを自慢する人を多 …

いっけん普通のワンちゃんなのに口の中は大変珍しく、ビックリするような状況になっていた!

ミシガン州に暮らす6ヶ月のゴールデンレトレバーの赤ちゃん。 名前はウェズリー。 このウェズリーの飼い …

PREV : 「私の夫と結婚して」ガンを患った妻が最期に言い残したことを実行した夫の20年後に涙…!
「普通」って何だろう?人と違う顔を持つ男の子の挑戦に温かな涙が溢れる・・・ : NEXT