Lenon


Lenonをフォローしよう!


数ヶ月間ご飯を与え続けていた野良犬がある日突然いなくなってしまった結果・・・


ローラさんとバディー

2年前にアトランタの木工屋に引っ越してきたローラ・シソコさん。

そこでは、黒い野良犬が頻繁に近くをうろついていました。

その野良犬に親しみを感じたローラさんでしたが、犬は警戒し近寄って来ませんでした。

それでもエサを置くと、ガツガツと食べるのです。

飢えていた犬を気の毒に思い、ローラさんは野良犬に「バディー」と名前を付けてご飯を与え続けました。

「私は店で犬を飼っていましたから、バディーはいつも私たちと距離を置いていたようです。好奇心が強くじっと見つめるのですが、とてもシャイなのか近寄ってきません。」

ローラさんは、バディーとの出会いをこのように語ります。

いつまでも懐かないと思っていたバディーですが、ある事をきっかけに距離が縮まりました。

詳細は次のページにてご紹介いたします。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

通行人に石を投げられたホームレスの男性が入院→男性を8日間も待ち続ける愛犬の愛に涙…!

皆さんは犬はお好きですか? 犬は飼い主に対して無条件の関心を向けます。 時にはその関心から飼い主への …

普通じゃない状態で生まれたピットブルは安楽死を勧められるが里親は拒否し…!

普通じゃない状態で生まれたピットブルに対し、安楽死が勧められることに!しかし里親がこの勧めを拒否した結果・・・

初めての外に怯えて渋滞中の子ハスキー!1匹の勇者が現れた結果・・・

子ハスキーたちにとっては初めての外!しかし怯えてしまって渋滞が発生(笑)そんな中、1匹の勇者が現れた結果・・・

暴力事件が発生→容疑者は保護施設の犬!しかしみんな笑顔になる逮捕理由とは?

多くの動物たちが収容される動物保護施設ですが訳ありの過去を背負い、 性格が荒んでしまった子もいるので …

厳しい暑さの歩道で数センチたりとも動かず、生きることを諦めた子猫の運命は?

厳しい暑さの中、日差しを避けようとせず、まるで生きることを諦めたかのように歩道で数センチたりとも動かない子猫の運命は!?

PREV : 日大アメフト部のタックル問題→「監督コーチの指示」だと加害選手が明かしたことを受け、武井壮が苦言!
日大アメフト部の悪質タックル問題について本田圭佑が綴ったツイートに賛否両論の声殺到! : NEXT