Lenon


Lenonをフォローしよう!


お互いに支えあいながら集団社会をたった2匹で生き抜くウサギの美しい姿に胸が熱くなる…!


不遇な2匹

今回ご紹介する2匹のウサギは、連れてこられたシェルターでいつも一緒に行動していました。

茶色い毛色で耳が垂れている方は、「ブランブル」と言う名前でドワーフロップ種である5歳のウサギ。

元の飼い主は、長期休暇のため世話ができなくなったという理由で、イギリスのイーストサセックス州にある

「Raystede Centre for Animal Welfare」と言うシェルターに連れて行きました。

白いヒマラヤン種のウサギは、「ボタン」という名前で6歳になります。

この子の場合は、金銭的な理由で元の飼い主が連れて来ました。

お互いに飼い主に恵まれなかったせいか、見知らぬシェルターでかけがえのない存在となります。

それには、ある理由が隠されていたのでした。

詳細は次のページでお伝えいたします。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

何かを集中して見つめすぎた結果、アゴがおもしろ可愛いことになった猫!

最近は猫をペットにしている人が増えているようですね。 マンションでも飼いやすいし、散歩に連れて行かな …

愛猫のために手作りのお家をプレゼント!さて、猫の反応は・・・?

猫ちぐら ホームセンターのペットコーナへ行くと、様々な商品が置いてありますよね。 猫じゃらしなどの猫 …

「ただ今子育て頑張ってます」家族が増えて誇らしげなお母さんワンちゃん7選!

安産の象徴である犬は、小型犬以外はたくさんの子犬を生みます。 そのため子犬たちのお世話は大変で、ミル …

「ついて来なせえ」近所のボス猫さんに誘われてついて行くと、そこでは嬉しい優しさが待っていた!

暑い夏の日。照りつける日差しの中、少しでも日陰を求めて歩きたくなりますよね。 Twitterユーザー …

同時多発テロの時の活躍した救助犬が多くの人々に見守られながら虹の橋を渡っていきました・・・

「9.11アメリカ同時多発テロ事件」は、多くの方がご存知だと思います。 死亡者が3,000人を超える …

PREV : 思わず応援したくなる楽屋裏の姿(笑)暑い夏でもゆるキャラは笑顔を絶やしません!
動物園にて、「多すぎるから」と言う理由だけで殺処分された9頭の小さなライオンたち! : NEXT