Lenon


Lenonをフォローしよう!


皮膚の疾患が原因で飼育放棄された兄弟犬が預けられた施設で直面した運命とは…?


疥癬を患った兄弟犬

2018年3月上旬の出来事です。

テキサス州ヒューストンのアニマルシェルターに、見るも痛々しい状態の兄弟犬が連れられて来ました。

2匹はまだ子犬でしたが『疥癬』と呼ばれるヒゼンダニが寄生してしまい、

被毛が抜け落ちてしまっていたのです。

皮膚がカサカサになり、激しいかゆみがともなう感染症である疥癬。

この子たちはとてもつらい状態ですが、飼い主はそれを理由に飼育放棄してしまったのです。

見た目も醜くなり、皮膚病独特の臭いも出ます。

シェルターでも2匹の将来は絶望的だと思われました。

しかし身寄りのない犬の保護活動を続ける女性が、この子たちに手を差し伸べてくれたのです。

気になる方は次のページをご覧ください。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

保護施設でこの子猫は決死のアピールを繰り出した→念願叶って新しい家族を手にすると、もう笑顔がとめどなく溢れる!

アメリカ・ユタ州の動物保護施設、『ベスト・フレンド・アニマル・ソサイエティー』に内気な子猫がいました …

玄関先で発見した手紙とピザと捨て犬に対して家主がとった行動がまさかの結果をもたらす!

玄関先に手紙とピザを添えられる形で犬が捨てられているのを発見!それを受けて、家主がとった行動がまさかの結果をもたらすことに・・・

女性が優しく撫でようとすると、子犬の悪夢がよみがえってしまった・・・!

動物虐待のニュースには本当に心が痛みます。 心ないブリーダーが、お金儲けでメス犬に仔犬を生ませるだけ …

あらゆる治療を施すも衰弱するばかりだったシャム猫→周りが諦めずに愛情を注ぎ続けると奇跡が起きた!

毛が抜け落ちたシャム猫 今回はアメリカのバージニア州にある 「Anicira Veterinary …

「プレッツェル」のように変形した脚を持って生まれた子猫は壮絶な戦いの末に…!

プレッツェルのような脚 変形した後ろ脚で生まれた小さな子猫は、母親に拒絶されました。 彼女が生き残る …

PREV : 飛行機でパニックになっていた親子を救った男性!こんな優しさで溢れて欲しい・・・
『鉄腕ダッシュ』が「反抗期の息子とも会話しながら見られる番組」だと大絶賛される! : NEXT