Lenon


Lenonをフォローしよう!


他の家に譲ったものの、20キロ歩いて戻ってきた猫に対し、飼い主がとった残酷な決断とは!?


トビーの想い

7歳になる猫の「トビー」は、アメリカのノースカロライナ州に住んでいました。

もともと野良猫だったトビーは、この家に住む先住の猫たちと打ち解けることができなかったので、

20キロほど離れた他所の家へと譲ることになります。

他の猫とはうまくいってなかったものの、トビーはもとの飼い主を好いていたようです。

もしかしたら、上手く行っていないのは飼い主の思い込みだったのかもしれません。

新しい家族に引き渡されたトビーでしたが、およそ20キロの道のりを歩いて家へと戻ってきました。

必死な思いで帰って来たトビーには、どのような運命が待っていたのでしょう?

気になる方は次のページをご覧ください。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

カーニバルに隠された残酷な現実→これを知ってしまったらもう二度と純粋に楽しめない…!

ブラジルのカーニバルは世界的にも有名で、多くの観光客はこれを見るためにブラジルを訪れます。 テレビ番 …

ゴミに囲まれる中で、ケガを負いながらも痛みに耐えて我が子を守り続けていた母犬を救出せよ!

ゴミに囲まれた親子犬 今回ご紹介するのは、インドのとある廃墟を住み家にしている犬のお話です。 アニマ …

ヒーターへ必死にピ〜ンッとおててを伸ばして温まろうとする柴犬の幸せそうな姿に癒される・・・

今回は柴犬の子犬がヒーターに手をかざして暖まる様子が可愛い、と話題になっているのでご紹介します。 話 …

マイナス35度という極寒の中、猫は羊で暖をとることにした!「ここにいてもいいかニャ?」

新疆ウイグル自治区の猫 中国の新彊(しんきょう)ウイグル自治区は、平均気温がマイナス25℃と中国の中 …

棺桶の隣に座る悲しい顔を浮かべた1匹の犬がとった行動に、故人の家族は驚き涙した…!

棺桶の隣で悲しい顔を浮かべながら座っていた1匹の犬!この犬がとった行動に、故人の家族は驚くと共に涙が止まらなかった・・・

PREV : 「ちょっとサイズが大きいですね」ヤマトの配達員が測っている荷物に思わず爆笑!
発達障害の子供へのより良い話し方をまとめた「声かけ変換表」に反省させられる…! : NEXT