Lenon


Lenonをフォローしよう!


他の家に譲ったものの、20キロ歩いて戻ってきた猫に対し、飼い主がとった残酷な決断とは!?


トビーの想い

7歳になる猫の「トビー」は、アメリカのノースカロライナ州に住んでいました。

もともと野良猫だったトビーは、この家に住む先住の猫たちと打ち解けることができなかったので、

20キロほど離れた他所の家へと譲ることになります。

他の猫とはうまくいってなかったものの、トビーはもとの飼い主を好いていたようです。

もしかしたら、上手く行っていないのは飼い主の思い込みだったのかもしれません。

新しい家族に引き渡されたトビーでしたが、およそ20キロの道のりを歩いて家へと戻ってきました。

必死な思いで帰って来たトビーには、どのような運命が待っていたのでしょう?

気になる方は次のページをご覧ください。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

アザラシのぬいぐるみを愛でるアザラシがかわいすぎて悶え死んでしまいそうです!

北海道の紋別市、ここは厳寒の海であるオホーツク海に面した都市です。 冬には流氷が現れる、日本で一番寒 …

子猫はゴミ箱の中でびしょびしょに濡れていた→男性は躊躇することなく子猫をお家に迎え入れる…!

警官として安全のため、昼夜を問わず街のパトロールをしてきたコーディさん。 いつも通りお仕事をしている …

子猫とハスキーの連携プレーによって飼い主が3度目の骨折!こんなのアリ〜?

ペットと暮らしていると、彼らの可愛い行動に癒されることが多いのではないでしょうか。 また、散歩や餌を …

ローラがインスタで報告した内容の温かさに多くの人々が涙した・・・

ローラがInstagramであることを報告!その内容の温かさに多くの人々が涙したと話題に…!詳細はこちら・・・

感染症で両目を失いながらも幸せそうに生きる猫!その前向きさは私たちに大切なことを教えてくれる・・・

アメリカのカリフォルニア州にある動物保護施設で働くセレナさんが、 ある日捨てられていた子猫を保護しま …

PREV : 「ちょっとサイズが大きいですね」ヤマトの配達員が測っている荷物に思わず爆笑!
発達障害の子供へのより良い話し方をまとめた「声かけ変換表」に反省させられる…! : NEXT