トレーラーハウスの下で動けなくなっていた子猫を救出するまでの一部始終がこちら…! | Lenon-2ページ

Lenon


Lenonをフォローしよう!


トレーラーハウスの下で動けなくなっていた子猫を救出するまでの一部始終がこちら…!


子猫の救出劇

子猫のいる場所は四方を金属板で囲まれており、

カルメンさんだけで子猫を助け出すことができない状況でした。

そこで地元の保健所と連絡をとって事情説明をしたカルメンさんのもとに、

保健所の職員さんがすぐに駆けつけてくれたのです。

早速、子猫を救助するために金属板を切断します。

そしてわずか数十分後、子猫を無事に助け出すことができました。

子猫は右前脚がうっ血で腫れていたものの、ケガや骨折などはなく命に別状はないとのことです。

子猫のその後

救助された子猫はその後、「ブルー」という名前が付けられました。

カルメンさんにたくさんの愛情を持って可愛がられながら、順調な回復ぶりを見せています。

ブルーは幸運なことに、右前脚の腫れあがっていた部分がおさまった後は問題なく歩けるようになりました。

最近では家中を元気に走り回っているとのことです。

ブルーの右前脚は少しだけ内側に曲がっていますが、

それも成長していく内に元通りになる可能性が高いそうです。

カルメンさんはブルーが幸せに暮らしていけるように、

これからも彼を全力でサポートし続けていくと誓っています。

気に入ったらいいね!してね♪

【関連記事】

スーパーのショーケースの下から聞こえる子猫の鳴き声!?緊迫の救出劇の結末は・・・

子犬がカゴに閉じ込められて大ピンチ!家族総出で大奮闘の救出劇の結末は…?

危険をかえりみず、崖から落ちた子猫のもとへ親猫が!親子の絆を感じる救出劇に胸が熱くなる・・・

イタリア地震発生から32日が経過→瓦礫の下に閉じ込められていた猫の奇跡の救出劇!

猛暑の中、壁の内側で鳴いていた生後数日の子猫→救助されたのち、素敵なママと出会う!

出典:YouTube/Instagram




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

10年間毎日のように駅で飼い主の帰りを待つ猫のほっこりさせられる12枚の写真・・・

オランダのロッテルダムにある路面電車の駅に毎日ご主人様の帰りを待ち続ける猫がいます。 その猫の名前は …

生まれた時から後ろ脚に障害を抱えている猫のたくましい姿に心揺さぶられる・・・

今回ご紹介する猫は、生まれつき後ろ脚に障害を抱えています!しかしそれをものともせず、力強く生きる姿に心揺さぶられます・・・

悲しい表情をしていて誰もが放っておけなくなるような猫の意外な人生とは?

今回ご紹介する猫は、誰もが放っておけなくなるような悲しい表情を浮かべています…!しかし、その人生は少し意外なもので・・・

愛猫のトリミングを「短め」とお任せして2時間後、戻ってきた姿が衝撃的だった…!

猫のトリミング ペルシャ猫などの長毛種といわれる猫ちゃんたちは、 熱中症や飲み込んだ毛が消化器官に詰 …

キャンプ好きの親子が出会った1匹の猫!可愛がると思いがけない結末が待っていた・・・

キャンプ中の出会い キャンプが趣味だというマイケルさんとその息子さんは、この日も近所の山へと向かいま …

PREV : とんねるずの「細かすぎて」に出演していた芸人が海外進出し、オーディションで大ウケ!
海賊から日本の豪華客船を守った自衛隊が任務を終えて客船に目をやると・・・ : NEXT