Lenon


Lenonをフォローしよう!


耳の聞こえない母猫が生んだ子猫が次々と死亡!生き残った我が子を守るために母猫は・・・


度重なる不幸

先天性や事故などが原因で感覚器官が機能しない場合もあります。

人間であれば他の人がサポートしますが、動物たちはどうするのでしょう。

これからご紹介する猫は、聴覚の障害を背負いながら懸命に子猫達を育てようとします。

「ハニー」と名付けられた耳の聞こえない猫が、

インディアナ州コロンビアのシェルター『Humane Society of Whitley County』に保護されました。

耳が不自由なうえに、飼い主に見捨てられた理由が妊娠しているからとのこと。

ハニーは身重の体でとても不安だったことでしょう。

シェルターでは、落ち着いて産むことができません。

幸いにもバーブさんという優しい里親のもとで、お産が出来ることになりました。

しかし、ハニーにはさらなる試練が待ち受けていたのです。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

我が家にて、犬という未知の生物と遭遇→その時の猫たちのおもしろ反応15選!

初めての出会いはやっぱり緊張? 1、特等席、取られた… 2、は、初めまして… 3、なんだ、このデカイ …

自分の見栄を優先させようとする飼い主に対するトリマーの怒りのツイートが話題に!

自分の見栄を優先させてペットのことを蔑ろにする飼い主さんに対する、あるトリマーの怒りのツイートが話題に!あなたはどう思いますか?

路上の片隅でボロボロの状態だった子猫が保護されて驚くほどフワフワな猫に大変身!

ボロボロの子猫 捨て猫の中には、見るも無残な姿で発見される猫も少なくありません。 病気や汚れなどで酷 …

寝床を子猫に占領された時のワンちゃんの意外な対応に思わず涙腺が緩む・・・

占領された寝床 1匹のワンちゃんが、無邪気に遊んでいる3匹の子猫を見守っています。 実はこの場所、見 …

彷徨っていた子猫に救いの手を差し伸べたのは重度の猫アレルギーを持った女性だった・・・

今回ご紹介するのは、母猫とはぐれ彷徨っていた子猫と1人の女性とのお話です。 ある日のことです。 その …

PREV : 「これが現実か…」8年後に必ず会おうと約束した集合場所へやってきたらこの始末☆(笑)
道路に立つ男女が思わず写真を撮影したくなるほど人々を感動させた理由とは? : NEXT