悲しい表情をしていた野良猫が保護団体の献身的な愛情によって笑顔を取り戻す! | Lenon-2ページ

Lenon


Lenonをフォローしよう!


悲しい表情をしていた野良猫が保護団体の献身的な愛情によって笑顔を取り戻す!


治療中のバーニー

猫エイズで陽性だったバーニーには、抗生物質を投与して細心の注意を払いながらの治療が行われました。

その間もバーニーは文句を言わず、診察台で大人しくしていたそうです。

セリーヌさんはこのように語っています。

「彼はゴリゴリの筋肉質で近所の王様的存在だったみたい。頬が張っているのは去勢してない証拠ね」

大人のオス猫の去勢については、頬の張りで確認することが可能です。

通常であれば1歳までに去勢する必要があります。

しかしバーニーの場合は6歳になっても手術をしていないため、

性ホルモンの影響で頬が膨らんでいるのです。

去勢をしてもこれは戻りませんが、健康上の問題はないそうです。

ハッピーな顔

バーニーの目はかなり良くなってきているので、

彼が元気になって去勢手術ができるようになる日も近いです。

猫エイズ陽性の影響で回復自体は少し遅いかもしれませんが、

バーニーはいつも人が好きで治療されてることに感謝しているようです。

そして数週間後には、悲しそうな顔からハッピーな顔へと変わっていきました。

猫エイズは陽性でも発症しないまま終わることがかなり多く、バーニーも今のところ発症していません。

猫エイズ陽性とわかった上で、家族として受け入れてくれる人はおそらく少ないことでしょう。

それでも、全くいないという訳ではありません。

猫エイズに対する理解が深い家族といつか出会い、バーニーが幸せに過ごせるよう願っています。

気に入ったらいいね!してね♪

【関連記事】

保護施設で悲しそうな表情を浮かべていた猫!1週間後の幸せそうな様子に感動・・・

高齢の飼い主と別れてシェルターにやって来た悲しそうな目をした猫とその親友の物語!

この猫はいつも悲しそうな瞳をしていた→そんな猫が幸せな暮らしを手に入れた結果…!

悲しい表情をしていて誰もが放っておけなくなるような猫の意外な人生とは?

つらく苦しい経験を乗り越え、愛情を知った猫のどんよりとしていた目はキラキラ輝くようになり・・・

出典:Facebook/LoveMeow




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

動物園にて、「多すぎるから」と言う理由だけで殺処分された9頭の小さなライオンたち!

「多すぎるから」と言うだけの理由で、動物園にて殺処分された9頭の小さなライオンたち!動物園の深刻な裏事情はこちら・・・

これはもう血が繋がっていることは間違いないと断言できる猫6匹の様子がこちら!

血統の確かなメス猫に、雑種のオス猫を交配していけないということをご存知ですか? メス猫は発情が来ると …

自力で頭を持ち上げることもできないほど心も身体もボロボロだった番犬の運命は…?

これが番犬!? アメリカ テキサス州のとある民家に闘犬賭博容疑で捜索が入った際、 発見されたのは1匹 …

人間を警戒していたけど本当はずっと寂しかった…たっぷり甘えてくれた野良犬の姿に涙が止まらない・・・

ペット大国のアメリカ。 幸せに暮らすペットがいる一方で多くの野良犬が殺処分されます。 そのような不幸 …

650匹の尊い命を救ったのは、ある有名人のツイートからだった・・・!

650匹の命 今から約半年前のこと。 とある有名人のツイートで650匹の犬の命を救う出来事が起こりま …

PREV : 「努力は報われるとは限らない!もっと言えば…」イチローだからこそ言える名言が話題に・・・
廃線で撮影された写真が「3歳児なのにおばあちゃん感がすごい」と話題に! : NEXT