Lenon


Lenonをフォローしよう!


悲しい表情をしていた野良猫が保護団体の献身的な愛情によって笑顔を取り戻す!


悲しそうな顔のバーニー

今回ご紹介する猫は「バーニー」と言う名前の、6歳のオス猫です。

彼はカナダのモントリオールの街をさまよっていた時、

地元の愛護団体「Chatons OrphelinsMontreal(COM)」に保護されました。

COMのセリーヌさんはこう話します。

「近所の人に食べ物をもらっていたけどケアを本気でやってくれる人はいなかったし、彼にとって冬の寒さはかなり厳しいものだったの」

バーニーは顔も耳も傷だらけで、とても悲しそうな顔をしています。

すぐに治療が始まりました。

セリーヌさんによれば悪臭と目ヤニが酷く耳ダニがいて、

片耳は凍傷で曲がっている上に歯もいくつか欠けていたそうです。

献身的な愛情によって笑顔を取り戻したバーニーを、次のページで詳しくご紹介いたします。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

「不気味」だと忌み嫌われ、引き取り手と巡り会えずにいた猫!本当の美しさを知る人と出会った結果・・・

生まれつき小脳性発育不全で歩こうとすると体がぐらぐらと揺れ、 上手く歩けないハーマンという猫がいます …

このポニーは見捨てられ、生きているのに体に蛆が侵食していた→救出後の姿は素晴らしくイキイキしている!

皆さんはポニーは好きですか? ポニーは馬の中でも小柄で可愛らしい馬ですから、好きな方も大勢いることで …

その醜すぎると言われた見た目ゆえ、見向きもされなかった子猫→ケージの中で家族との出会いを待ち続けた結果…!

私たちは、何でも「美」に価値を持ちすぎているように感じませんか? もちろん、美しいものを見たり所有し …

アザラシとウミガメが寄り添いながら漂う悲しい事情に考えさせられる・・・

ウミガメとアザラシが寄り添いながら漂っています!一見ほっこりする様子ですが、そこには悲しい事情があったのです・・・

「ありがとう」を伝えたいカラス…4年間餌を与えてくれた純真な少女へ恩返し!

カラスといえば嫌われ者、厄介者なイメージです。 そんな彼らに餌をあげ続けた少女がいました。 餌やりを …

PREV : 「努力は報われるとは限らない!もっと言えば…」イチローだからこそ言える名言が話題に・・・
廃線で撮影された写真が「3歳児なのにおばあちゃん感がすごい」と話題に! : NEXT