Lenon


Lenonをフォローしよう!


視覚障害の男性と盲導犬がいくら悲しい気持ちや表情になろうとも、誰も席を譲ってくれない…!


視覚障害

生活を送る環境は基本的に健常者に合わせて作られているため、

障害者の人たちは日常生活を送ることにも困難を強いられます。

周囲の人々の理解や気遣いがあればもっと過ごしやすくなるのですが、

悲しいことに自分以外の人や動物を気に掛ける人はあまり多くないようです。

現在37歳のアミット・パテルさんは、ロンドンで盲導犬のキカと一緒に暮らしている男性です。


以前は医師として働いていましたが2012年にいきなり視力を失くしてしまい、

キカに頼った生活を送っています。

アミットさんはいつもロンドンの公共交通機関を利用しているのですが、

ストレスのあまり涙が出てくるようなこともあると話します。

そんなアミットさんが遭遇した哀しくなる出来事を、次のページで詳しくご紹介いたします。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

民家の玄関先で発見された、独りぼっちと思われた子猫に隠された意外な事実とは?

民家の玄関先で、独りぼっちだと思われる子猫を発見!しかし、この子猫には意外な事実が隠されていた!?詳細はこちら・・・

16歳の少女が発見した子犬は血に濡れた状態で捨てられていた!さらにその近くあったビニール袋には考えられないものが・・・

ドイツで暮らしている16歳の学生のアリシアちゃんが、 学校に向かう途中に塀の向こうから犬の鳴き声がか …

散歩中に突然海へ飛び込んだ愛犬を迎えに行くと信じられないものを咥えていた…!

海に飛び込んだ犬 愛犬との散歩は、とても癒されるひと時です。 そんな散歩の時、不思議なことに遭遇する …

ずっと一緒だった愛犬の死→犬小屋の中で見つかった紙キレに涙した飼い主は、同じ過ちを他の人が起こさないように行動を起こす…!

めぐみさんには、『ソラ』という嬉しい時も悲しい時も常にそばにいた愛犬がいました。 めぐみさんが地元か …

20年間コンクリートの檻の中に閉じ込められていた虐待状態のサーカスの熊を保護→救出隊員は目を疑った…!

お客さんに笑顔を与えてくれるサーカス。 ピエロがでてきたり、曲芸を見せてくれたり、動物が出てくるもの …

PREV : 楽屋に帰る途中、ビートたけしが廊下にずっと立っていた理由に度量の大きさを感じる…!
「努力は報われるとは限らない!もっと言えば…」イチローだからこそ言える名言が話題に・・・ : NEXT