自分の見栄を優先させようとする飼い主に対するトリマーの怒りのツイートが話題に! | Lenon-2ページ

Lenon


Lenonをフォローしよう!


自分の見栄を優先させようとする飼い主に対するトリマーの怒りのツイートが話題に!


ベドリントン

投稿者のトリマーさんが働くお店には、

羊のような毛が特徴である「ベドリントン」という珍しい犬種が訪れるそうです。

フワフワな縮れ毛は日々のお手入れと、月に1回のトリミングが必要とされている犬です。

そのまま放置したり、知識のないまま手入れやシャンプーをすると被毛がフェルト状に絡まり、

皮膚病を引き起こします。

またその状態で毛をとこうとすれば、ワンちゃんにかなりの苦痛を与えます。

投稿者さんのお店に訪れる飼い主さんは3~4ヶ月毎にしか来店しないので、

ワンちゃんの被毛は毎回ひどい状態だったとのこと。

その状態で来店したにも関わらず、

「血が出てもいいから、毛を長く残してくれ」といわれたことがあったそうです。

飼い主の見栄

この時は、見かねた投稿者さんが頭を下げて被毛を短くするようにお願いし、

ワンちゃんの苦痛は免れました。

しかし、ついに飼い主さんの見栄が怒りと悲しみを引き起こしたのです。

日々の手入れの注意事項と、

トリミングの期間を伝えていた投稿者さんですが飼い主さんはまったく守ろうとせず、

また被毛がもつれた状態で次は5ヶ月後に来店しました。

飼い主さんによると、

「前回短くされたせいで公園にあった人にみすぼらしいと笑われたから絶対短くしないで!」とのこと。

これに対してトリマーさんは、

「無理をすると皮膚が裂けて大怪我をする。私たちは鬼ではないので、そんなことはできない。」

とワンちゃんのことを想った提案をします。

控えめに言って虐待

しかし飼い主さんは「じゃあ、足はそのままでいい。短くされるなら帰る。」と聞く耳を持ちません。

一方のトリマーさんは引き下がることなく、

「放っておくと酷くなる。プロとしてそんなことはできない。うちの店ではあなたの要望に応えられない。」

と話したのですが、するとその飼い主さんはそのまま「2度と来ない」と出て行ってしまったそうです。

ワンちゃんの行く末を投稿者さんは心配します。


このような身勝手な飼い主さんは、この人だけではありません。

投稿者さんのツイートには、一連の苦悩が記されていました。

この出来事はペットを見た目で買う人にも問題がありますが、売る側にも問題があるように思います。

命あるものは飾りではありません。

よく考えてから大切にして欲しいですね。

気に入ったらいいね!してね♪

【関連記事】

SNS上で見た犬の姿に心を痛め、「助けたい!」と強く思ったトリマーがとった行動とは?

脱毛の再診に訪れたワンちゃんは飼い主が無知であるために悲惨な姿になっていた…!

愛猫のトリミングを「短め」とお任せして2時間後、戻ってきた姿が衝撃的だった…!

愛猫をいつもと違うペットサロンに連れて行ったらとんでもないことになった…!

「多頭飼育崩壊」の悲惨な実態!長崎の一般家庭で放置されていた50匹のマルチーズをご覧ください・・・

出典:Twitter




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

大怪我を負って教会のポーチに倒れた子犬の状態は縮み上がるばかりだった・・・

皆さんは犬は好きですか? 猫派の人の中には、猫は好きだけど犬はあまりという人がいるかもしれませんが、 …

生きることに絶望していた少女を立ち直らせたのは動物たちの力だった・・・

生きることに絶望した少女 これはスロベニアに住む19歳の少女のお話です。 「私は普通の子じゃなかった …

「ようこそ、これからよろしくね!」新しい家族を優しく歓迎する2匹のシェパードに癒される・・・

家族に新しいメンバーとして赤ちゃんが加わり、 優しく歓迎する2匹のシェパード犬の動画が話題になってい …

丸かわいくってモッチモチのモッフモフ!ちょっとマニアックな『猫の前足』画像、一挙20連発!

丸いのは顔、瞳、体つきだけじゃない!? 猫はその独特の丸いフォルムで、私たちを常に癒してくれます。 …

生まれつき水頭症や眼瞼内反症などの病気を抱えた子猫が小さな体で病気を克服し、元気な姿で恩返しする…!

エドワードという名前の猫は、アメリカはバージニア州の 「Richmond Animal Care a …

PREV : 「京都行ってる場合じゃねぇ!」宿が取れなくて仕方なく奈良で宿泊した結果・・・
花見の名所で目撃した「日本人として恥ずかしい」光景!その時、ホームレスの人たちは・・・ : NEXT