Lenon


Lenonをフォローしよう!


嵐の中で震えていた子猫が助けられ、その後別猫かと思えるほど可愛く大変身!


嵐の中の猫

ニューヨークで暴風雨が吹き荒れている最中、生後6週間くらいの子猫が発見されました。

たまたま側を通りがかったケイティさんという女性に救助された子猫は、

暴風雨により全身が濡れていて寒さからカタカタと震えていました。

ケイティさんは当時を振り返り、子猫を保護した時の様子をこう話しています。

「抱き上げると、私の胸によじのぼって小さくニャアオと鳴きました。持っていた替えのTシャツで包み、車に乗せました」

子猫を保護した当初はシェルターに連れて行こうと考えていましたが、

その日は休日だったのでどこのレスキューも活動をしていなかったそうです。

そのためケイティさんは子猫を自宅に連れ帰り、面倒を見ることにしました。

保護された後の猫の様子は、次のページで詳しくご紹介いたします。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

「なんだと思ってんの?」猫殺傷事件の判決にダレノガレ明美が怒りをあらわにして猛抗議!

猫殺傷事件 先日、埼玉でむごたらしい猫の殺傷事件がありました。 逮捕された男は悪びれた様子もなく、「 …

ここだけは譲れない!猫たちの本気すぎるストーブ場所取りバトルをご覧ください(笑)

3匹の猫による、本気すぎるストーブ場所取りバトルの模様をご紹介!絶対に譲れない場所が、猫たちにはあるようです…(笑)

突然変異で生まれたとても貴重な猫「ライコイ」が保護される!その詳細がこちら・・・

私たちの身近にいるペットの犬や猫は、同じ仲間でも様々な種類があります。 犬の犬種数は400種以上で、 …

子グマが川で溺れて大変!しかし母グマは慌てず安全な道を通った→母の冷静な愛に絶賛の声…!

夏になると水難事故が相次ぎますよね。 でもこれは人間に限ったことではありません。 動物にも水難事故は …

安楽死直前の大変身!「汚いから殺処分してくれ」心ない元飼い主が決して見ることはできなかったワンちゃんの奇跡の姿・・・

身勝手な飼い主による持ち込み…殺処分の現状 日本では毎年およそ十万匹もの犬猫が、行政機関で私たちの税 …

PREV : 足を組む癖が体にもたらす背筋も凍るような悪影響!?体から危険信号が発信されています・・・
2018年3月11日、福島の高校生がツイートした今の現状に綴られた真実とは? : NEXT