Lenon


Lenonをフォローしよう!


虐待を受けて生活のほとんどを窮屈なキャリーの中で過ごしてきた猫は愛情を求めて・・・


2歳になる「サムエル」と言う名の猫は、生活のほとんどを狭いキャリーケースの中で生きていました。

飼い主にネグレクトされ、ひどい状態で発見され救助されたのです。

貧血と皮膚病を患ったサムエルは、片方の目の角膜に腫瘍がありました。

さらに歯の状態も悪く、肝臓も腎臓も機能が低下していたのです。

そして、FIV(猫後天性免疫不全症候群)の陽性も出てしまいました。

たくさんの病気を抱えたサムエルは、2歳の猫とは思えないほど軽かったそうです。

この子が生きた2年間が、どれだけ過酷だったのかが伺えます。

厳しい環境の中で生き抜いたサムエルですが、この子にはどのような将来が待っているのでしょうか?

サムエルのその後は、次のページで詳しくご紹介いたします。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

茂みの中からあまりにも小さすぎる子猫が出現!生きるべく戦い抜いた末に・・・

皆さんは『スチュワート・リトル』という映画をご存知でしょうか。 ある家族の養子にネズミの男の子がなり …

感動!最後の別れを告げるために病院に来た馬「おじいさん、今までありがとう。」

最愛の人との別れは、とても悲しいものです。 その気持ちは何ものにも代えがたく、そしてそれは人間も動物 …

小さなバケツの中に20年間閉じ込められていた結果、甲羅が変形してしまった亀!

ミシシッピアカミミガメのオードリーは、 生まれてから20年もの間小さなバケツに閉じ込められていました …

絶滅危惧種の調査のために設置されたカメラにとんでもないものが映っていた!最後まで目を反らさずにご覧ください・・・

人間がほとんど足を踏み入れていなかったため、島を熱帯林が覆っていたボルネオ島。 近年でも新種の生物の …

心を閉ざした柴犬とそれに心が折れかけていた飼い主がようやく絆で繋がった瞬間に涙…!

心を閉ざした柴犬と、そんな柴犬の行動に心が折れかけていた飼い主!そんなふたりがようやく絆で繋がった瞬間に涙が止まらない・・・

PREV : 民宿を経営する夫婦の幸せそうな笑顔の裏には9,000人の命を救った娘のつらく悲しい記憶があった…!
吉野家の「ぶっちゃけ最近、牛丼も食べ飽きてきた」と言う一言からあの店が絡んだ思わぬ展開に…! : NEXT