Lenon


Lenonをフォローしよう!


シェルターから救い出されて1年!御年24歳の長寿猫がこちら・・・


老猫のオーラ

一昔前まで家猫の寿命は10歳程度と言われていましたが、今では15年以上生きる猫も珍しくないとのこと。

猫の15歳は、人間では75歳にあたります。

そして猫も人間と同様に、年齢を重ねるごとに耳も不自由になり、毛の艶も悪くなります。

そのような老猫は長くなった寝る時間を、

ゆっくりと長年暮らしていた家で過ごしたいのではないでしょうか?

しかし、とある事情で家族と離れなければならない老猫がいました。

今回ご紹介する猫のの名前は、「オーラ」と言います。

1994年からシカゴでずっと家族と暮らしてきましたが、1年前にシェルターに引き渡されたそうです。

この時のオーラは23歳、人間に換算すると100歳を超える高齢猫でした。

超高齢のオーラは、突然シェルターに預けられて困惑します。

高齢とあっては、新しい里親さんを見つけるのも難しいでしょう。

そんなオーラに待ち受けていた未来を、次のページで詳しくご紹介いたします。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

ご飯を拒否して鳴き続けていた子猫!しかしあるアイデアでついにご飯を口にするようになり・・・

せっかく保護したのに、ご飯を拒否して鳴き続けていた子猫!しかし、優しい夫婦のあるアイデアでついに口にするようになり・・・

どんなに悲惨な状態でも人間に愛情を示し続けた猫に待っていた運命の出会いとは?

どんなに悲惨な状態であっても、決して人間への愛情を示すことを忘れないでいた猫に運命の出会いがやってきた!詳細はこちら・・・

大型犬に成長しても「自分は子犬」であると思い込んでいるワンちゃんたち8選!

小さい頃は、膝に乗せたり一緒に添い寝したりするワンちゃんですが、成犬になると少し重くなります。 小型 …

トラックから投げ捨てられたのは傷だらけの子犬→ある女性の優しさが体も心もボロボロの犬を救う…!

ある時走るトラックの荷台から、黒い塊のようなものが投げ捨てられました。 黒い塊のように見えたそれは、 …

イタズラをしておばあちゃんに叱られている最中にコクリコクリとしている子犬(笑)反省したか問いかけると・・・

好奇心旺盛の子犬は度々イタズラをして、飼い主さんを困らせます。 ある程度大きくなってくるとイタズラも …

PREV : 36歳の息子の墓が突如緑色になった理由が明らかになった時、母親は涙が止まらなかった…!
飛行機に搭乗する直前に見かけた男性の様子がおかしいことを察知した女性は・・・ : NEXT