Lenon


Lenonをフォローしよう!


一見ワンちゃんか白クマに見える、ある動物の赤ちゃんから目が離せない!


ライライ

あるご家庭で飼われているアカギツネの赤ちゃん

「ライライ(Rylai)」がネット上で大きな人気を集めています。

一見ワンちゃんやシロクマのように見える不思議な魅力で、

飼い主さんのフォロワー数がどんどん増えているとのこと。

名前の由来はゲーム「DOTA2」の登場人物から付けられたようです。

キツネはその毛皮ほしさに、多くの人の手によって虐殺されてきました。

ライライの仲間も、人間がその数を減らしたそうです。

そのためライライのこのような姿は、残虐な現実に対する良い変化の表れでもあるのです。

ライライのこの姿を見て、毛皮を求める人がいつかはいなくなることを信じています。

ライライの他の写真は、次のページでも詳しくご紹介いたします。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

認知症の豆柴「しの」と猫の「くぅ」の心温まる関係を表した画像と動画にほっこり・・・

あるお家で飼われている豆柴の「しの」と猫の「くぅ」!認知症を抱えた犬とその犬を支える猫の素敵なエピソードはこちら・・・

建設現場で泥まみれになり、命が危ない動物→懸命な救助の結果、ビックリするような姿を現した!

一匹の動物ある建設現場で発見されました。 全身に乾燥した泥をまとい、瀕死の状態でした。 どうやら建設 …

大きなハスキーとご挨拶しようとする柴犬の子供!ドキドキな初対面の結果は…?

大きなハスキー犬と柴犬の子供がドキドキの初対面!柴犬の子供は、自分よりはるかに大きいハスキー犬にちゃんとご挨拶できるでしょうか?

「盲導犬を勝手に触ったり口笛で気を引く人の殆どは…」視覚障害者の切実な訴えに考えさせられる・・・

「盲導犬を勝手に触ったり口笛で気を引く人の殆どは…」視覚障害を抱えた人の切実な訴えに考えさせられる!詳細はこちら・・・

20年間サーカス団に不自由な状態で飼われていたピューマを鎖の束縛から解放します…!

ムファサ 20年間太い鎖につながれてトラックの荷台で生きてきた一匹のピューマ。 サーカス団に飼われて …

PREV : 9歳の娘に対するネット上の誹謗中傷の嵐に断固として屈しなかった母親!
おばあちゃんの手を握りしめた姿が写る「最期の1枚」に胸が熱くなる・・・ : NEXT