Lenon


Lenonをフォローしよう!


脱毛の再診に訪れたワンちゃんは飼い主が無知であるために悲惨な姿になっていた…!


世の中には、ペットを扱う動物病院がたくさんあります。

どこへ行けば良いか迷うほどですがそんな時、

飼い主さんにも少しの知識があれば病院を見分けることができるかもしれません。

これからご紹介するワンちゃんは、飼い主さんの無知でつらい思いをしました。

さらに民間治療を施され、酷い目にあったそうです。

紫色の被毛をしたワンちゃんの名前はキティー。

顔面や背中に脱毛があり、まだらに紫という悲惨な姿をしていますが、

なぜキティーはこのような姿になってしまったのでしょう?

そこには、飼い主さんのあまりにも浅はかな考えがありました。

気の毒なキティーのお話を、次のページで詳しくご紹介いたします。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

競馬番組のインタビュー中にかわいい乱入者が出現するほっこりハプニング!

フィンランドに厩舎(馬小屋)を構える調教師のマティアス・サロさんはこの日、 厩舎の前で国内の競馬番組 …

最終的に人間が食べるために飼育されていた韓国の犬夫婦→アメリカの保護団体に引き取られ、離れ離れになるものの奇跡の再会を果たす…!

日本の常識ではありえない食文化が、世界には沢山存在します。 ヨーロッパで言えば、イタリアのうじ虫のチ …

高速道路を走行していた男性が信じられないものを発見した結果・・・

なぜこんなところにこんなものが!?高速道路を走行していた男性がとんでもないものを発見!果たして男性はどうするのでしょうか?

エジプト人の男性によって助けられた、両目のない子猫の7ヶ月後の姿がこちら…!

あるエジプト人男性が、両目のない子猫の姿に心を痛めてその子を保護!助けられた子猫の7ヶ月後の姿がこちら・・・

猛暑の中、壁の内側で鳴いていた生後数日の子猫→救助されたのち、素敵なママと出会う!

厳しい暑さの中、壁の内側で鳴いていた、生まれてからわずか数日の子猫!無事に救助されたのちに、素敵なママと出会えた・・・

PREV : コールダックを手に乗せる飼い主の足元で仲間が必死に奮闘していた!
市川海老蔵、息子の勸玄君と娘の麗禾ちゃんが涙した理由に「つらい。抱きしめることしかできない」 : NEXT