Lenon


Lenonをフォローしよう!


「野良猫を保護した」とおばあちゃんが言うので孫が見に行くとそこにいたのは…!


野良猫を保護したおばあちゃん

見た目はそっくりであるものの、種類は全く違う動物というのは結構多いですよね。

例えばハムスターとウサギ。

尻尾の長さの違いはありますが、「実は親戚同士なのでは?」と思ってしまいます。

しかし、ハムスターとウサギは全く別の動物ですよね。

そのため、2匹を交配することはできません。

見た目が酷似しているから勘違いしても仕方がないもの。

ですが、見た目も全く違う生き物同士を同じ動物と勘違いしてしまう、超うっかりさんもいるようです。

とある男性の元に、おばあちゃんから連絡が入りました。

「最近野良猫を保護したので、遊びにおいで」というもの。

男性がさっそく行ってみると、そこにいたのは猫とは言いがたい生き物。

猫だと信じて可愛がっておばあちゃん。

いったいどうなってしまうのでしょうか。

詳細は次のページでご覧いただけます。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

もう助からないだろうと予想されていた名ばかりのブリーダーに見捨てられた子犬の運命は…?

ボストンテリア この子は「ボストンテリア」という犬種の犬です。 お分かりいただけますか? ボストンテ …

数ヶ月間ご飯を与え続けていた野良犬がある日突然いなくなってしまった結果・・・

ある女性は、数ヶ月の間1匹の野良犬にご飯を与え続けていました!しかし、ある日突然その野良犬がいなくなってしまい・・・

トラックの下に小さな子猫!「連れて帰っていい?」夫が妻にお願いした結果、当然・・・

トラックの下に小さな子猫を発見しました。 母親の気配はありません。 一人ぼっち。 まだまだ1匹では生 …

下半身不随の犬とのボランティア先での出会い→帰国後、犬は悲惨なことになっていた…!

子犬のティガ ある男性がヨーロッパからバリ島に、アニマルレスキュ―としてボランティアに参加しました。 …

暖をとることに貪欲な子猫!暖房のスイッチを切られた結果、急須へと移動(笑)

2月に入って寒さが本格的になってきた今日この頃、飼い猫にとっても寒さが身にしみるようです。 なんとか …

PREV : 韓国と日本、それぞれで流行っているメイクを顔半分ずつに施して比較した結果…!
高須院長、衝撃の金額となった『昭和天皇独白録』を自腹で落札!「皇室にお返しします」というコメントに称賛の声続々・・・ : NEXT