Lenon


Lenonをフォローしよう!


見た目は子供のドールサイズだけど13歳のシニア猫が安楽死の危機を乗り越え、飼い主に毎日感謝を伝える!


見た目は子供のシニア猫

今回ご紹介する小さな猫は、もう13才のシニア猫です。

しかし体重は2キロほどしかなく、まるで生後4ヶ月の子猫のようです。

名前はティムタムといいます。

地域のシェルターで暮らしていたのですが期間が過ぎても飼い主が見つからず、

もう少しで殺処分をされるところでした。

しかし、テキサスで猫サンクチュアリを営んでいるカリン・ポップリンさんが、

そんなティムタムのことを聞きつけて急いで助けに行きました。

カリンさんと夫のゲラルドさんが経営する『Kitty Adventure Rescue League and Sanctuary』は、

特別なケアが必要な猫や高齢猫など、

飼い主を見つけることが難しいだろうと思われる猫たちの保護をしています。

ティムタムは、そこの猫たちの仲間入りをすることになりました。

その後、ティムタムにはどんな暮らしが待っているのでしょう。

気になる方は次のページをご覧ください。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

犬食文化の中国で男性が勇気ある行動をとった!その行動で救われた犬の新しい暮らしに涙が止まらない・・・

食用で売られていた犬 ある日、Xingyiさんは道端で売られている食用としての犬を見つけました。 見 …

パピーミルに取り残された500匹の犬たちの救出された後の姿に涙が溢れる・・・

パピーミル レスキューのスタッフさんが手を向けているボロボロの廃墟は、かつてパピーミルがあった所です …

飼い主さんとラブラブなキツネ!じゃれる時の嬉しそうな顔に思わずにっこり・・・

キツネ キツネはよく物語に登場します。 大抵は悪者役で、人を騙したり卑怯な手を使ったりする時に使われ …

何があっても動じない“禅マスター”のような猫がシュールで神々しい(笑)「今、この時を生きるのだ」

東北の自然に囲まれて暮らしている「のせ猫ファミリー」のシロ(左)と、くろ(右)です。 猫好きの間では …

保護施設で暮らしていた20歳の老猫→迎え入れてくれた家族に最期のその時まで愛情を注ぎ注がれ尽くした…!

新しい家族を求めて… ある日、ジル・ウィリアムズさん一家が訪れたのは地元の動物保護施設。 その理由は …

PREV : いとこの『Let It Go』、完成度もすごいけど後ろの2人の仕事ぶりが半端ない(笑)
骨董品店で購入した「サビている包丁」を研ぎ続けた結果→これは思わず見入ってしまう…! : NEXT