Lenon


Lenonをフォローしよう!


保健所へ向かう途中、高速道路の路肩という危険な場所で子猫を保護!2つの命が救われ、同時に奇跡を起こす・・・


高速道路の路肩に子猫

アメリカはニュージャージー州在住のケリー・ローレンス・ピーターズさんという女性は、

保護団体「The Kitty Krusade」で猫の保護活動をしています。

ケリーさんはある日、子猫が高速道路の路肩にいるのを見つけました。

急いで車を止めたケリーさんは、怯える子猫に「大丈夫よ」と話しかけながら近付き、

子猫を保護することに成功します。

ケリーさんはこう話します。

「この子がどうやってここに迷い込んだのか、なぜ誰も止まって助けなかったのかはわからないけど、無事を確保できて良かったわ」

そして同じ日に、ケリーさんは保健所からケガをしてる子猫のミアを引き取り、

病気を持ってるデイヴと共に動物病院へ行きました。

その日からデイヴと名付けられた子猫とミんは、まるで感謝するように喉を鳴らし続けます。

2匹のその後を知りたい方は、次のページをご覧下さい。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

厳しい暑さの歩道で数センチたりとも動かず、生きることを諦めた子猫の運命は?

厳しい暑さの中、日差しを避けようとせず、まるで生きることを諦めたかのように歩道で数センチたりとも動かない子猫の運命は!?

ローラがある場所を訪問した後、呼びかけた内容に称賛の声が続々!

モデルのローラがある場所を訪問!その後、Twitter上で呼びかけた内容に称賛の声が続々と寄せられて話題に・・・

「さよならお母さん…ボクはお利口じゃなかったの?」保健所で犬が年間31万匹も殺処分される理由と最期の想いとは?

年間31万匹 保健所で殺処分されている動物の数は、年間31万匹にものぼります。 これは1日に約800 …

散歩中の犬が急に狂ったように吠えて公園のトイレへと向かった!その先には信じられないものが捨てられていた・・・

シェットランドシープドックという犬をご存知でしょうか。 シェルティーの愛称を持つこの犬は性格はおとな …

「飼い猫を手放したら復縁してあげる」元カノにこう言われた男性が言い放った一言にスカッとする!

復縁の条件 画像共有サイト『Imgur』ユーザーのvoiceafxさんは、宗教上の違いから彼女と別れ …

PREV : 友人から「結婚が決まりました」というLINEが来たものの、相手がおかしい!4つ足で夏は会えないとは!?
ソフトクリーム屋の店員をほっこりさせた小学生のお客の会話内容がこちら・・・ : NEXT