Lenon


Lenonをフォローしよう!


食べられる運命にあった10匹の子犬が1人の女性によって幸せな暮らしを手に入れる!


韓国の犬食文化

韓国には犬食文化があり、

現在も食用の犬が多くの養犬場で飼育された後に食肉加工場で殺されているそうです。

しかし少数の人しか犬を食べておらず、犬食文化の廃絶を求めている人の方が多くいるとも言われています。

韓国で暮らすナミ・キムさんはこの犬食にかなり否定的で、養犬場の撲滅活動をしています。

活動内容は養犬場の職員に対し、再就職を世話するというものです。

彼女はこの方法により、多くの養犬場から300匹以上の犬を救助しました。

そして先日、キムさんは養犬場から10匹の子犬を保護したそうです。

その子犬はまだ生後数ヶ月で、自分たちの状況もよく分かっていない様子でした。

この子達はこれからどのような経緯をたどって、アメリカへと向かうのでしょうか。

子犬達の行く末が気になる方は、次のページをご覧下さい。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

多くの障害を抱えながら1年半強く生き抜いた犬が天国へ…彼の生涯は多くの人々の愛で支えられていました・・・

動物が保護され、施設に連れてこられる理由は様々です。 道路に捨てられていた、衰弱して弱っていたという …

「売れないから」と言う理不尽な事情から放置された9匹の子犬たちの運命は!?

9匹の子犬たちは、何と「売れないから」と言うあまりにも身勝手な理由で置き去りにされていました!果たして彼らの運命は…?

猫好きではなかった男性が1匹の猫と運命的な出会いを果たした結果・・・

公園を散歩していた夫婦のもとに、1匹の猫がやってきました。 その猫は猫嫌いな夫に駆け寄り、スリスリと …

「#飼い主の心臓に悪いペットの寝相コンテスト」10選で思わず寿命が縮みそう・・・

「#飼い主の心臓に悪いペットの寝相コンテスト」というハッシュタグのもとに集まった10のツイートで思わず寿命が縮みそう(笑)

プーズーが日本にやって来た!高さが40センチしかない世界最小の鹿をご存知ですか?

小さい! チリのチロエ島には、「プーズー」という世界最小の鹿が生息しています。 体長70~90センチ …

PREV : 日々の生活に疲れたサラリーマンの銅像?いいえ、裏に回って真実をお確かめください…!
雨の日にしか見られない東京駅周辺の街の表情をご覧ください・・・ : NEXT