人間に母親を殺された子ザルが新しく母親となった者に愛情を与える姿に胸が熱くなる・・・ | Lenon-2ページ

Lenon


Lenonをフォローしよう!


人間に母親を殺された子ザルが新しく母親となった者に愛情を与える姿に胸が熱くなる・・・


新しいママ

ホエザルの赤ちゃんは通常、6ヶ月まで母親が付きっきりで面倒をみます。

ホエザルは高い木の上で生活しているので、物心がつくまで赤ちゃんから目が離せないのです。

そのせいか赤ちゃんはとても甘えん坊で、

お母さんと離れ離れになると寂しさで命を落とすこともあるとのこと。

ブーマーが預けられた保護施設には、

そのようなホエザルの生態をよく理解しているラケルさんという女性職員がいました。

ラケルさんは、ブーマーを我が子のように付きっきりでお世話をします。

一方、ブーマーもラケルさんを母親と思い寄り添いました。

ママがいない!?

ある日のことです。

ラケルさんは空港へ知人を迎えに行くことになり、空港まではブーマーも一緒に行きました。

しかし、中に入るわけには行きません。

そこで、ブーマーは別の人と車でラケルさんと待つことになりましたが…。

ラケルさんが車外に出てた瞬間、ブーマーはパニック状態になりました。

鳴きながらラケルさんを探し回り、

ハンドルやダッシュボードに登ったりシートの下に潜り込んだりしてラケルさんを探します。

預かった人が、抱いて落ち着かせようとしましたが無理でした。

しかしブーマーは次第に疲れ果て、お守りの人が再び抱いてみると泣きながら眠ってしまったそうです。

人間と信頼

ラケルさんが車に戻るとブーマーは目を覚まし、

彼女の首におさまりましたが不満そうに鳴いていたそうです。

お守り役の人は、純心に1人の人を信頼する姿に心から感動したそうです。

お金のために母親を殺されてしまったブーマー。

酷い人間もいればラケルさんのような信頼できる人間もいます。

密猟という残酷な現実が無くなりますように。

そしてラケルさんのもとで、いつまでもブーマーが幸せであるように祈るばかりです。

【関連記事】

「犬猿の仲」なんて…!我が子のように子犬と接するサルの姿が話題に・・・

施設に保護されてからずっと支え合ってきた親友と1か月ぶりの再会を果たしたオマキザル→その時の表情に2匹の強い絆を感じずにはいられない!

鉄道の線路内でサルが感電!仲間のサルたちの懸命な救助活動に心揺さぶられる・・・

かわいいけど繊細なナマケモノを守るたった1つの方法がこちら・・・!

ドアの前に小さい子供をそっと横たえたゴリラが立った時、胸が震える光景が広がった…!

出典:boredpanda




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

メガネグマさん、涼しさを欲した結果とんでもない姿を晒してしまう…(笑)

梅雨も明けて、いよいよ夏到来ですね。 天気が良いのはいいのですが、暑いですね。 最近の夏は特に暑いよ …

心優しい女性に保護された、駅にリードを繋げられたまま放置されていた犬!しかもその犬には悲しすぎる過去があった・・・

ニューヨークの地下鉄は数百人の人が行き交う場所です。 そんな場所に1匹のワンちゃんが大人しくじっとし …

ご主人様が大好きな甘えん坊のチワワが私たちをたった8秒でキュン死させてしまう…!

覚えている方もいらっしゃるでしょうか? 目をうるうるしているチワワのCM。 某消費者金融のCMでチワ …

情けない声を出して水を怖がるハスキー犬(笑)その横で小型犬たちが泳ぐ姿を見ると?

水が怖いようで情けない声を出すハスキー犬(笑)そんな中、小型犬たちが怖がることなく悠然と泳いでいる姿を見て・・・

ヒーローのコスチュームを身に纏った5歳の男の子が野良猫を救う!これぞ本物の救世主だ…!

ヒーローのコスチュームを身に纏い、野良猫を救う5歳の男の子!これぞ本物の救世主だと感じさせられる姿はこちら・・・

PREV : もし水戸黄門に登場する人々がTwitterをやったら→マジでこんなことになりそう!
「どの寺や神社に来たかなんて覚えておかなくていい」京都のタクシードライバーの言葉に考えさせられる…! : NEXT