病気の犬を「つらいから」という理由でセンターに持ち込んだ老夫婦→3日後もう一度会いに行った時、悲しい事実を痛感する…! | Lenon-2ページ

Lenon


Lenonをフォローしよう!


病気の犬を「つらいから」という理由でセンターに持ち込んだ老夫婦→3日後もう一度会いに行った時、悲しい事実を痛感する…!


2日目の朝

この犬はセンターに連れてこられてから2日目の朝を待たずに、

寒くて冷たい檻のなか1匹寂しく亡くなっていたのです。

老夫婦がなぜ、最後の最後でこの犬を手放してしまったのかはわかりません。

しかし、大好きな主人を待っていた犬の気持ちを考えるとやるせないものがあります。

3日後に毛布を持ってくる心があるのならなぜ最期を看取ってあげなかったのか、

せめて暖かい家で最期を迎えさせてあげられなかったのかと思うと残念でなりません。

この動画にある悲しい犬の鳴き声は、しばらく耳に残って胸を締め付けます。

飼い主の責任

2013年の動物愛護管理法の改正により、ペットを最後まで世話をする責任は飼い主にあることが明記され、

自治体は受け取りを拒否できるようになりました。

しかし全国の動物センターには、未だに飼えなくなってしまったペットの持ち込みが増えているといいます。

この犬のように寒さに震えながら飼い主を待っているペットが全国には数万匹もいて、

その大半が殺処分となっているのです。

ペットを飼う人は年々増加しています。

それに伴い、飼育を放棄されたペットも増えています。

飼えなくなった理由は様々でしょうが、安易に捨てるのだけは避けてほしいと思います。

犬は飼い主がいなければ生きてはいけないのです。

ネットの反応

この動画に対してのコメントが多く寄せられています。

・家族なのに自分が辛いからってなんでこんな場所に置き去りにするの?好きなふたりの側に居たかったはずなのに最後に手放すなんて

・辛いからと手放すな!

・あまりにも哀しくて最期までビデオを見ることができませんでした。

・身勝手だよね。初めから飼わないでほしいです

「見つけてくれてありがとう」

と、死んだ後にペットたちに言わせてはいけません。

一度家族に迎えた命は、最期まで家族として暖かく見守ってほしいと思います。

こんな悲しい犬が1匹でもいなくなることを願います。

【関連記事】

人間を拒絶し、威嚇し続けたことで誰も引き取ってくれなかった猫!ある女性との出会いで7ヶ月後、心に変化が・・・

「あなたこの子を殺すんですね」ペット不可の賃貸マンションで起きた出来事が信じられない…!

もう少しで安楽死するところだった犬は大好きなゾウのぬいぐるみを咥えてその時を待っていたが…!

動物の命にとって大切な事とは?同棲中の彼氏とペットを飼うためにペットショップへ誘うと彼が表情を強張らせ…!

この黄色い海、正体は放棄された小さな命!その有様に言葉が出ない・・・

出典:YouTube




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

何としても一緒にいたくて引っつきまくる子供のような猫に和む・・・

白猫はサバ猫と何としても一緒に痛いようで引っつきまくっています!子供のような白猫の様子に自然と心が和みます・・・

鼻先のねじれた犬にシェルターで待ち受けていた悲しい再会と奇跡的な出会い…!

「バックヤードブリーダー」という、 専門的な知識を持たずに小遣い稼ぎのように犬を繁殖させる人たちがい …

関係者専用の駐車スペースに無断で停まっている輩が説得に応じてくれない!その犯人がこちら(笑)

公共施設などの駐車場には一般用、関係者用、そして障害者用と別れています。 一般用が満車の場合など、障 …

謎の箱のフタを開けたオウム→次の瞬間繰り出されたパンチにコントのような結末が待っていた!

オウムと聞くと、おしゃべりしたり複雑な餌箱から餌を取り出したりと、頭の良いイメージがありますよね。 …

新しいキャットタワーに子猫が最高にかわいい喜びっぷりを見せてくれた!

ペットにおもちゃを買ってやるのはとても楽しいものですが気に入ってもらえた場合、 ぬいぐるみだと原型を …

PREV : 「ガキは車のカタログをもらいに来るな」に対し、とある販売員が投稿した内容が素晴らしい…!
棺の近くで横たわり、悲しそうに鳴く犬を男性が抱き上げた時、その場にいた誰もが涙した…! : NEXT