前足が障害で使えなくとも後ろ足で上手に立つ子猫の心温まる成長の軌跡をご覧ください・・・ | Lenon-2ページ

Lenon


Lenonをフォローしよう!


前足が障害で使えなくとも後ろ足で上手に立つ子猫の心温まる成長の軌跡をご覧ください・・・


家族に迎えられて

ras2

ラスは前足を上手に使うことができません。

しかし、本人は気にしていないようです。

自分が他の猫と違うなんて露ほども思っていないのです。

ras3

ラスは甘えて人を抱きしめる時には前足をうまく使えます。

おやつをもらう時もこうやってちゃんと前足を使っています。

ras4

マーニーさんはそんなラスとの生活を幸せに感じ、ラスを正式に家族として迎えることにしました。

ハンデを乗り越えて

「ラスは普通の猫のように前足を使うことを学びました。
ラスと初めて会った人はラスが歩いている時以外は前足のハンデに気づくことはないでしょう。」

マーニーさんはこのように語ります。

ras5

幼い頃から体が小さかったラスは、今でも体重が2、3キロほどでとても小さな猫なのです。

しかし、毛がふさふさで実際よりもかなり大きく見えるといいます。

ラスは会う人すべてに優しく、快く迎えてくれます。

マーニーさんが家に連れてくる子猫達にも優しく、いつも子守を手伝ってくれるといいます。

ラスはマーニーさんに愛情を持って育ててもらったので、

その愛情を子猫達にも分けてあげているのかもしれません。

ras6

立派に成長

8ヶ月後、ラスは立派な毛並みのフワフワな猫に成長しました。

どうです?

貫禄十分でしょう?

ras7

愛情豊かに育てられたラスは、思いやりのある優しい猫に育ちました。

大人になった今、マーニーさんと周りの人たちにその愛らしい姿でたくさん恩返しをしているのだそうです。

ras8

保護された時にはとても小さかったラスは、

マーニーさんのおかげでこんなに大きく立派な猫に成長しました。

幸せそうなラスに心が温まりますね。

ハンデを乗り越えて大きくなって本当に良かったですね。

出典:Facebook

【関連記事】

ハンディキャップには負けない!盲目の猫が見せた特別な力と強い心とは…?

前足がないハンデなんてへっちゃら!元気に走り回る生まれつき前足がない猫に心揺さぶられる・・・

両脚が麻痺して動かせない猫『レキシー』→ハンデを抱えながら、誰よりもたくましく幸せに生きる姿に心打たれる…!

家の中の事故で右目を失い、体も麻痺した猫!でも猫の前向きな心が奇跡を起こす・・・

感染症で両目を失いながらも幸せそうに生きる猫!その前向きさは私たちに大切なことを教えてくれる・・・




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

女性が主人を失った無力な動物たちを撫でてあげた→しかし、そこから予想外の事態へと発展する…!

アメリカにある動物救助団体「Hope For Paws」。 主人を失った無力な動物たちを保護し、引き …

車の運転中に路上で偶然「イジメ」を発見!イジメを止めた運転手に称賛の声続々・・・

小さな動物を集団でいじめている姿には心が痛みます。 それが自然界では弱肉強食だとしても、とても耐えら …

「障害はこの子が持つ魅力の一つ」脳障害を抱えた子猫に愛情を注ぐ女性の想いに感動・・・

「障害はこの子が持つ魅力の一つ」脳障害を抱えた子猫に愛情を注ぐ女性の想いとは?胸が熱くなるエピソードはこちら・・・

仕事場近くの草むらで不安そうに鳴いていた子猫が幸せになっていくまで!そっと撫でると・・・

草むらでうずくまる一匹の子猫 その日はいつも通りの1日になるはずでした。 レイニーさんが朝から仕事中 …

ゴリラにミルクを与えて育てた男性が5年の歳月を経て再会→その瞬間緊張が解け、時間が巻き戻った…!

ゴリラと男性 アスピナル財団はおよそ10年前より、イギリスのハウレット野生動物公園と西アフリカの保護 …

PREV : 読売テレビの清水健さんがアナウンサーを辞めるという決断を下した理由に心揺さぶられる…!
年末年始の北海道、色んな意味で震えてしまうような珍事で溢れかえる…!衝撃のお正月風景7選 : NEXT