Lenon


Lenonをフォローしよう!


危険な戦闘地域で出会った障害を持った子猫と兵士→子猫を思う兵士の取った決死の行動とは!?


アメリカ陸軍兵士のクリスティン・ボールディンさんは、アフガニスタンに派遣されていました。

その時、とある母猫と子猫に出会いました。

子猫のお名前は「フェリックス」。

フェリックスは小脳形成不全という障害を抱えており、

全身を上手く動かせずに歩行がぐらついていました。

クリスティンさんがフェリックスを起こしてみるとひっくり返ってしまい、

何度やっても失敗してしまったそうです。

兵士と子猫の絆

sentou1

フェリックスはとても臆病な様子で、クリスティンさんが近づくと威嚇していましたが、

母猫はクリスティンさんに体を擦りつけるなど人に慣れた様子があり、

次第にフェリックスもクリスティンさんに懐くようになりました。

水や食料を運び、母猫とフェリックスに餌を与えました。

フェリックスはクリスティンさんを信頼するようになり、愛情を向けるようになってきました。

可愛らしい母子の姿を眺める度に、

クリスティンさんは母子をどうにか自国のアメリカに連れ帰ることを考えていました。

そんなとき、母猫がフェリックスの前から消えてしまいました。

クリスティンさんはフェリックスをアメリカに連れ帰り、育てる決意を固めました。

母猫が何を思い、フェリックスの元から姿を消したのか分かりませんが、

もしかしたら母猫はクリスティンさんにフェリックスのことを頼みたかったのかもしれません。

それ程母猫も、フェリックスもクリスティンさんのことを信頼していたのでしょう。

sentou2

クリスティンさんは自宅から猫用のおやつを送ってもらうとフェリックスに与え、

おやつを食べたフェリックスはクリスティンさんに寄り添って過ごしました。

嬉しそうで満足そうに鳴くフェリックスの姿はクリスティンさんの癒しであり、

信頼を寄せて見つめるフェリックスの姿に熱いものがこみ上げ、涙を流すことも多かったそうです。

何とかフェリックスを連れ帰りたいクリスティンさんは、

帰国する兵士が乗る飛行機に乗せてもらえないかと交渉するも、断られてしまいます。

このままフェリックスを置いて帰国しなければならないのでしょうか?

続きが気になる方は次のページをぜひご覧ください。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

ある日突然目が見えず、耳も聞こえなくなった犬!それでも変わらぬ愛情に涙が溢れる・・・

ある日、犬が蛇に噛まれたことで目が見えなく耳も聞こえなくなってしまいました!しかし、それでも変わらぬ愛情に涙が溢れます・・・

ゴリラにミルクを与えて育てた男性が5年の歳月を経て再会→その瞬間緊張が解け、時間が巻き戻った…!

ゴリラと男性 アスピナル財団はおよそ10年前より、イギリスのハウレット野生動物公園と西アフリカの保護 …

ここだけは譲れない!猫たちの本気すぎるストーブ場所取りバトルをご覧ください(笑)

3匹の猫による、本気すぎるストーブ場所取りバトルの模様をご紹介!絶対に譲れない場所が、猫たちにはあるようです…(笑)

保護施設で暮らしていた20歳の老猫→迎え入れてくれた家族に最期のその時まで愛情を注ぎ注がれ尽くした…!

新しい家族を求めて… ある日、ジル・ウィリアムズさん一家が訪れたのは地元の動物保護施設。 その理由は …

宝石のようなオッドアイをもつ純白の猫に世界中が注目!サファイアと琥珀色の神秘をご覧ください・・・

パムパム 「オッドアイ」と聞くとなんだか神秘的なイメージがありますよね。 また、中には宝石のように美 …

PREV : 世界遺産に認定されている日本最古の神社が貼りだしたマナー違反者に対する張り紙→それは「当たり前だけど大切なこと」だった…!
カエルがワニに近付いて行った→その後起きた出来事に「マジか!?」と叫びたくなる…! : NEXT