父を亡くして戸籍を取り寄せた時、昭和10年代が壮絶な時代だったことを思い知った…!

今の時代は、100歳を超えるおじいちゃん・おばあちゃんがそんなに珍しくなくなりました。

人生100年時代がやってきた感があります。

しかし、ひと昔前はどうだったのでしょう?

「人生50年」と言わしめた織田信長の時代まで遡るまでもなく、

昭和初期の日本はとてもとても100歳まで生き延びることはできませんでした。

厚生労働省の発表によると2017年の日本人の平均寿命は男性80,75歳、女性は86,99歳ですが、

昭和初期の日本人の平均寿命は、なんと男女ともに48歳だったのです。

ほんの少し時代を遡るだけでも、こんなに違うものなのですね。

お父様を亡くして戸籍を取り寄せたケイ(@anagumakari)さんは、

思いがけずそんな昭和初期の暮らしを垣間見ることになりました。

興味のある方は次のページをご覧ください。

1 2