加藤一二三九段が引退を決めた後にマスコミの取材を拒否した理由に羽生夫人が涙した…!

ひふみん引退

「ひふみん」の愛称で知られる加藤一二三 九段が、

2017年6月20日に行われた竜王戦6組昇級者決定戦をもって引退しました。

加藤九段が棋士になったのは14歳の時です。

当時、史上初の中学生棋士ということで注目を集め、その後63年間棋士として活躍し続けました。

最後の対局後、報道陣からは加藤九段にコメントを求める声が寄せられました。

しかし彼は報道陣に対して15分ほど長考し、

「感想戦(対局を振り返ること)はしません」と言い、その場を後にしたのです。

いつもなら快くインタビューに答える加藤九段が、この日だけコメントを控えたのには理由がありました。

多くの人が感動したその理由は、次のページで詳しくご紹介いたします。

1 2