『ありがとうの反対語』って?北斗晶が語った感動エピソードに誰もが涙…!

皆さんは『ありがとうの反対語』が何か知っていますか?

ちなみに筆者は、ありがとうの返しに使われる

「どういたしまして」かと思っていましたが、どうやら違うようです。

北斗晶のブログより

元女子プロレスラーで、現在は乳がんによる闘病生活を送っている北斗晶さん。

そんな北斗さんはある日の夜、なかな寝付けないでいました。

そんな時に携帯電話をいじっていたところ、『ありがとうの反対語』について知り、涙が止まらなかったそうです。

『ありがとうの反対語』が何なのか、下の動画からご覧ください。

動画はこちら!

当たり前

ありがとうの反対語は、実は『当たり前』だったのです。

ありがとうを漢字にすると「有難う」となります。

つまり、「有るのが難しい」ということですね。

なのでその反対語は、『当たり前』となるのです。

改めてありがとうってなんて素敵な言葉なんだろうと思いました

そばにいてくれるみんなに…
支えてくれる読者の皆さんに…

私を気にかけてくれる皆さんに…

ありがとう

今日は…頑張るよりも、ありがとうを1人でも多くの人に伝える日にしようと思いました

引用元:北斗晶オフィシャルブログ

いかがでしたか?

あなたは当たり前のことに感謝できていますか?

もしかしたらあなたが今美味しいものを食べたり、好きなテレビを見たりできるのは、当たり前のように見える奇跡なのかもしれません。

感謝の気持ちを忘れずに過ごしていきたいですね。