お腹が空いている時にお白湯を飲むと体に3つの変化が起きることが判明!

1日に必要な水分

水は生物にとって最も大切なものです。

食べ物がなくとも多少の日数は生きていけますが、水が無ければ生きてはいけません。

もし水分を失えば集中力は欠け、肌はカサカサの乾燥肌になり、血はドロドロになっていきます。

ところで、人はどのくらい水を飲めば良いのでしょう。

水は喉の乾き具合と体重によって、飲む量を決めると良いようです。

一般的には体重1キロに対して、約30ミリリットルの水を飲むのが良いそうです。

つまり、体重が70キロの人は約2リットルの水が1日に。

もちろん気温や汗のかきかたによっても違いがあるでしょうから、

喉が渇いたらいつでも水を飲むようにしましょう。

水分補給というと普通の水を飲む場合が殆どですが、実は白湯を飲むのが良いとされています。

一体どういうことでしょうか?

詳しくは次のページにてお伝えいたします。

1 2