とある大学の卒業アルバムの、学生と一緒に写った盲導犬に隠されたエピソードに涙が止まらない…!

生徒の中に盲導犬

卒業アルバムの2段目の右端に黒い犬が写っていますね。

この子はラブラドール・レトリバーの「イデナ(4歳のメス)」です。

イデナは隣でサングラスをしてるリアス・ベニテス・アルトゥーロさんの盲導犬です。

福祉学を学んでいたアルトゥーロさんに寄り添い、

2年間この大学で授業にも付き添いながら通い続けました。

イデナはクラスメイトにも慕われていました。

「写真撮影に行った時、犬がいるのを見て卒業写真に載ることは、自然なことだと思ったよ」

とカメラマンのガルべスさんは言います。

盲導犬イデナ

写真撮影時のニュース映像です。

賢い顔つきで、まるでイデナが勉強をして卒業するように見えませんか。

大学の帽子がよく似合って素敵ですね。

「写真と撮るために、台の上に乗せたけれど、驚いたことに吠えることもなく、呼ぶとカメラ目線をしてくれたんだ」

とガルべスさんは話していました。

アルトゥーロさんの盲導犬としてではなく、

イデナというクラスメイトとして同級生は慕ってくれていたのですね。

感動の声続々

https://twitter.com/sippobon2/status/651002959346593793?ref_src=twsrc%5Etfw

卒業おめでとう

この写真をみると、2年間一緒に通っていた大学での勉強をしっかりと身につけたように見えますね。

こんなに立派な帽子を被り、知的な目をした犬は早々いないのではないでしょうか。

イデナが献身的にアルトゥーロさんに寄り添っていた姿は、

どの教授よりもクラスメイトに何かを教えることになったことでしょう。

町で見かけることはあっても、クラスメイトになる機会はめったにありませんから…。

イデナは今でも、アルトゥーロさんを助けているそうです。

出典:Twitter

【関連記事】

元盲導犬が初めて穴を掘った時、飼い主は「どんどん犬に戻ってね」と言った→その言葉に多くの称賛の声!

足から血を流しながらも満員電車の中で耐える盲導犬!彼らを見かけたら”コレ”をしてあげましょう・・・

引退した盲導犬が11年ぶりに元飼い主と再会→子犬の頃に戻り、甘える姿に涙が止まらない…!

男性が道端で頭を負傷!その時、男性が飼っている2匹の愛犬がとった行動に涙が止まらない・・・

女性は目の前にホームレスの男性を見かけたが気にせず車を走らせようとした→しかしボール紙に書かれた言葉を見て急ブレーキを踏まずにはいられなかった…!

1 2