Lenon


Lenonをフォローしよう!


「誰をやっつけるじゃない!誰をまもるかだ!」大人もうなるマセた子供たちの言動8選に思わず萌え〜(笑)


ついこの間まで赤ちゃんだった我が子。

「あぶあぶ」「まんま」などの赤ちゃん言葉で意思を伝えていた子供が、

気が付くとどこで覚えたのかビックリ発言をすることがあります。

その言動がマセていたり確信をついていたりと、聞いている大人はドキドキです…。

そんな子供達の「マセた言動8選」をご紹介します。

愛の芽生え

1、好きと言って

女の子は、4歳ともなると人の心を揺さぶるテクニックを身に付けるのでしょうか?

ゲーム感覚で「すき」と言っていた先生が、1人赤面している様子が目に浮かびます。

2、壁ドン

マセているのは女の子だけではないのですね。

2歳の男の子が壁ドンですか!

しかも壁ドンされた女の子とのやり取りが凄いですね。

どこで覚えたのでしょうか。

先生は「何?」の連発です。

3、ピンクの技

3歳にしてモテテクニックを習得したようですね。

可愛い「ピンク」色の定義を語られてしまうと、お母さん何も言えません。

目からウロコです!

まだまだ、おマセな言動が続きます。

子供たちの方が真理をついているかも知れませんよ…。

気になる方は次のページをご覧ください。

1
2


この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

「旦那の釣り旅行の計画がうさんくさい…」そう思った奥さんがとった天才的な行動に男子真っ青・・・

魚臭い 「うさんくさい」という言葉を英語でなんというか知っていますか? 答えは「fishy」。 「魚 …

「恋人と親友が溺れかけていたらどちらを助ける?」究極の選択に対するベストアンサーがセンスに溢れている!

「恋人と親友があなたの目の前で溺れかけています。どちらか1人しか助けられない時、あなたならどちらを助 …

明日は我が身!?ツイッターで話題のちょっと笑えない恥ずかしエピソード5選!

人前での失敗は本当に穴があれば入りたい程恥ずかしいですが、 不思議と時間が経てば死ぬほど恥ずかしかっ …

さだまさしが和風バージョンで「PPAP」に参戦!その本気ぶりをご覧ください・・・

昨年は、世界中で『PPAP』が話題となりました。 次期大統領のトランプ氏の娘さんのPPAPダンスもか …

怒りたいけどクオリティの高さに怒れない傑作なイタズラ10選!やった人は正直に名乗り出よ(笑)

このイタズラ、どう? 友人や家族など、心を許した相手にちょっとイタズラをしてみたくなる。 そんな風に …

PREV : 1年以上かけて信頼関係を築いた野良猫と女性→晴れて家族になろうとした時に悲劇が…!
「要求がある時」と「要求がない時」の態度の変化が露骨すぎる愛犬たち! : NEXT