殺人者が近づく中、彼女は友達の血の下に隠れた→死の瞬間まで友をかばい、守った男性の行動に涙があふれる…! | Lenon-2ページ

Lenon


Lenonをフォローしよう!


殺人者が近づく中、彼女は友達の血の下に隠れた→死の瞬間まで友をかばい、守った男性の行動に涙があふれる…!


外科医を夢見て・・・

アメリカ、オレゴン州のサザリンという静かな街で牧師をしている父親のもとに生まれたレイシーさんは、

典型的なアメリカ人ティーンエイジャーでした。

フットボール観戦が好きでキャリー・アンダーウッドさんの歌を楽しみ、

父親の教会行事にも進んで参加していました。

ransya1

愛馬のタッカーと共に幸せそうなレイシーさん。

休日は決まってタッカーと過ごします。

ティーンエイジャーらしい可愛い笑顔です。

ransya2

老人ホームで家族さえ訪れることのないお年寄りを楽しませるレイシーさん。

子供の頃からボランティア精神溢れる少女だったレイシーさんは、

地域の恵まれない人々をサポートするボランティア活動に携わり、

自宅近くのボナベンチャー老人ホームにも度々訪れていました。

ransya3

生まれて間もない子猫を大事そうに抱くレイシーさん。

ウンプクア・コミュニティー・カレッジに入学したレイシーさんの将来の目標は、

看護プログラムを受講し外科医になること、そして沢山の人の命を救うことでした。

入学後まもなく起きた悲惨な事件

ransya4

2015年10月1日、学期が始まって4日目のこと。

レイシーさんは文学の授業中でした。

その時、突然キャンパスに銃声が轟きました。

生徒たちは何が起きたかわからないまま、大混乱に陥りました。

そして銃を持ったクリス・ハーパー・マーサー容疑者が入ってきたのです。

次の瞬間拳銃を2発放ち、教授が倒れて次に生徒たちに発砲し始めました。

レイシーさんはその時、床に身を伏せながら

「これは何かの訓練にちがいない、そうであってほしい」と願っていました。

ハーパー・マーサー容疑者は生徒に信仰する宗教を訊ね、キリスト教と答えた生徒を次々と撃ち殺しました。

そしてレイシーさんのすぐ横で大きな発砲音が…!

そこには高校時代から同級生だったトレヴァン・アンスパック君がいました。

トレヴァン君は釣りが大好きな青年でした。

ransya5

トレーシーさんの父親の話

その後起きたことは、レイシーさんの口からはとても語ることはできませんでした。

ransya6

レイシーさんの父親であるランディー・スクロギンズさんが代わって語ってくれました。

「レイシーとトレヴァン君は並んで床に臥してしたそうです。

そしてトレヴァン君が撃たれてしまった。

喉から空気と血の流れる音が混じって聞こえてきました。

そしてなんと彼はレイシーに近づきかばうように体を乗せたんです。」

その時、頭上で「起きろ!」という声がしたそうです。

レイシーさんは恐怖で身動きも出来ませんでした。

犯人は近くの生徒に「こいつは死んでいるのか?」と聞いたそうです。

その学生が「知らない」と答えるとレイシーさんを飛び越え、別の生徒に発砲しました。

トレヴァン君の血がレイシーさんの命を守ったのです。

「断言する、トレバン君は今後ずっとスクロギンス家のヒーローだ!」

ransya7

もしトレヴァン君がレイシーさんをかばわなかったら、と想うとゾッとします。

悲惨な事件の後に・・・

ransya8

スクロギンズ牧師は事件後にレイシーさんからこのことを聞き、

トレヴァン君の母親に電話で感謝の気持ちを伝えました。

するとトレヴァン君の母親は、次のように語りました。

「これから毎日レイシーさんをどうぞハグして、キスして、愛し続けてください。

わたしが望むのはそれだけです。

私たちはきっと繋がっています。

あなたが彼女をハグするたびに私は息子をハグすることになるのよ」

ransya9

月日と共にレイシーさんは少しずつ平静を取り戻しています。

数ヵ月後には、週末に母親や姉妹とネイルサロンに出掛けられる位にまで回復しました。

トレヴァン君や他の犠牲者を悼みつつも、彼らの分まで自分らしく生きようとしています。

ransya10

レイシーさんは学校にもどり、念願だった看護プログラムを受講しています。

あの悲惨な事件の中にあって、クラスメートに守られたことで今があることを噛みしめながら、

夢に向かって歩んでいることでしょう。

銃による乱射事件はアメリカで繰り返し起き、多くの犠牲者を出し、悲しみに包まれています。

ただ凄惨な事件の中でも、レヴァン君のように最期の瞬間、

力をふりしぼり友をかばい、救おうとした想いは尊く私たちの中で輝いています。

出典:イミシン

【関連記事】

この悲痛な叫びに耳を傾けてほしい…!「アメリカで黒人がすると殺される23の行動」

もうすぐ天国へと旅立つ男性はベッドに横になって森の中へ→ホスピスが彼の願いを叶えようと動く…!

男性が病院にいる友人の元へ突撃訪問!彼の持っていたパネルとある言葉に涙が止まらなかった・・・

遠く離れたイタリアでも、毎年のように原爆忌の式典が開催されていることが日本人のほとんどに知られていない…!

人種差別と闘ったアスリート→48年前のオリンピックで自分の人生をめちゃくちゃにしてこの男性は歴史を動かした…!

 



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

未来の日常を覗いてみたら想像以上に便利な世の中になっていて衝撃が走った…!

「未来へタイムスリップして普通のOLの1日に密着した」と言う動画が話題に!想像以上に便利な世の中になっていて衝撃が走った・・・

ドライブスルーで買ったマックのポテトを熱々のまま持ち帰る裏ワザがこちら!

ドライブスルーで買ったマックのポテト、できる限り熱々で持ち帰りたいですよね!そんな時に有効な裏ワザがこちら・・・

柔軟な発想力を発揮せよ!小学生でも簡単に解けるクイズが話題に・・・

最近、謎解きクイズが流行っているようですね。 ちょっと見ただけでは何だかさっぱりわからないクイズが、 …

溺れたママを助けたのはなんと5歳の娘→彼女の冷静かつ素早い行動に大人たちは感心するばかり…!

アメリカ、テキサスでのお話です。 トレーシー・アンダーウォルドさんは5歳になる娘のアリスンちゃんとプ …

水原希子と妻夫木聡の超接近ツーショットに双方のファンが大困惑!

水原希子さんは父親がアメリカ人、母親が韓国人でアメリカのダラス生まれという、 インターナショナルな経 …

PREV : 場所や背景を知らずに見れば飼い犬の日常→でも本当は、あまりにも悲しいワンちゃんの実態!
動物病院へと続く道のりが最後のドライブ…飼い主の手を握り、「今までありがとう」と別れを告げる愛猫・・・ : NEXT