Lenon


Lenonをフォローしよう!


イングランドにある「絶対に走れないタイルの廊下」に話題騒然!その仕組みはこちら・・・


「廊下は静かに!」「廊下を走らない!」など、小学校の頃よく目にした注意書き。

分かっているものの、あの長〜い廊下を見るとどうしても子供たちは走りたくなってしまいます。

そのような悩みは、日本だけではありません。

日本の幼児は、まだ大人しくお遊戯をしたり歌を歌ったりしますが、

イングランドではそれはありえないとラジオの情報番組で耳にしたことがあります。

個性を尊重する国の子供たちは、自分の思うように行動しがち。

「走るな」と言われて大人しくはしていないようです。

そこで、イングランド北西部あるストレットフォードのタイル専門店が

「絶対に走れない廊下タイル」を開発したそうです。

それでは、日本より切実かもしれないイングランドのタイル会社

『Casa Ceramica』が開発した廊下タイルを次のページで詳しくご紹介いたします。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

一瞬で解ける人と一生解けない人でバッサリ!この画像には何と書かれているでしょう?

最近の若者を中心に人気になっている、脱出ゲームや謎解き。 謎解きは最初のうちはなかなか解けなくてイラ …

片目を閉じてトイレに座るだけで、あなたの夜の安眠が保たれます…!ポイントは体の機能を逆手に取ること!

体とは不思議なもので意識をしなくても体の状態をチェックし、損傷があればそれを補修しようとします。 そ …

弟が夏休みの宿題で作成した交通安全ポスターのインパクトが凄まじすぎる!

毎年やって来る夏休みは楽しい反面、山と積まれた宿題に頭を抱えたこともあったのではないでしょうか。 4 …

休んでも疲れがとれない人へ→自分で押せる「脳の再起動ボタン」を知ってますか?

皆さんは仕事で溜まった疲れをどのように解消していますか。 ほとんどの方は休日で癒やして、また仕事へ行 …

地球よりもはるかに大きい木星のオーロラが圧倒的に美しいと話題に…!

皆さんはオーロラはお好きですか? 普段の生活の中では決して見ることのできない神秘的な光景で、筆者はと …

PREV : ローラがインスタで報告した内容の温かさに多くの人々が涙した・・・
木登りしちゃうくらい元気なこちらのおばあちゃん猫、何歳だと思いますか? : NEXT