Lenon


Lenonをフォローしよう!


失敗したゆで卵が斬新な発想で大変身!食堂のおばあちゃんのセンスが素晴らしすぎる・・・


失敗したゆで卵

ご自分でゆで卵を作ったことのある人はいらっしゃいますか?

ただ茹でるだけと考えている人は多いですが、実はこれが意外と難しいのです。

固かったりボソボソとした食感だったり、中身が出てきてしまうなど慣れていないと失敗してしまいます。

今回ご紹介するのは、そんな失敗したゆで卵を別の姿に変えた食堂のおばちゃんのお話です。

Twitterユーザーの「Superfriends パラシオ‏(@superfriends2)」さんは、

失敗したゆで卵が手を加えられた状態で展示されているのを発見しました。

細工や展示を担当したのは食堂のおばちゃんです。

失敗したゆで卵は一体、どのような姿に生まれ変わったのでしょうか。

気になる方は次のページをご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

地球よりもはるかに大きい木星のオーロラが圧倒的に美しいと話題に…!

皆さんはオーロラはお好きですか? 普段の生活の中では決して見ることのできない神秘的な光景で、筆者はと …

3人に1人が当てはまる足の人差し指が長い「ギリシャ型」→生涯影響し続けるデメリットとは!?

どんな根拠かはさておき、足の指の長さでその人がどんな能力を秘めているのかがわかるのだそうです。 足の …

少女「ティッピ」は幼少期をアフリカの野生動物と育ち、そして動物たちと会話する→その姿が美しすぎて泣けると話題に…!

未熟児で生まれた少女「ティッピ」 アフリカ・ナミビアの首都ウィントフーク。 1990年6月4日、ここ …

サンマの肝がわずか30秒で抜き取れてしまう究極奥義『つぼ抜き』をぜひ覚えておきましょう!

夏の暑さもだいぶ落ち着き、秋めいた季節になってきました。 そんな秋の味覚の代表といえばサンマですね。 …

なかなか良いチョイス?世界のスティングの好きな日本のラーメン屋ベスト3がこちら!

スティング ミュージシャンとして有名な「スティング」 1977年に「ポリス」を結成後、翌年1978年 …

PREV : 容姿が祟って厄介者扱いされていた子猫!しかし保護団体の力が実を結び・・・
ワンちゃんの散歩に行きたいアピールの可愛さが癖になってしまってタジタジ! : NEXT