Lenon


Lenonをフォローしよう!


プロの写真家と素人が同じ場所で写真を撮ると…→プロの圧倒的な腕前を感じられる10枚をご覧ください…!


プロが撮る写真は、1枚の絵画のように心を打ちます。

しかし絵画とは違い、時間をかけて描くわけではないのにどうして素晴らしい作品が撮れるのでしょうか?

最近はデジタルカメラも進化し、自動でピントを合わせてくれたり、

逆光も自動で修正してくれたりと様々な機能がありますが、プロには勝てません。

そこで、同じ時間で同じ風景をプロと素人が撮った写真を比較しみました。

牧場の子供たち

1、遊びに来たよ

上の写真が素人で、下がプロの作品です。

上の写真は暗く子供の姿もハッキリ見えず、ニワトリの姿は全然見えません。

それに比べて、下の写真は光をふんだんに取り入れ、

仲良しのニワトリのところへ遊びに来た可愛い男の子が写されています。

2、みんな飛ぶよ!

上の写真は、ニワトリを見て喜ぶ子供の写真ですが、下の写真は鳥と子供が楽しそうに弾けていますね。

手前の七面鳥が、視線を引き寄せているように見えます。

3、ワラのお城

上の写真は、画面が暗いので寒々しく感じます。

下の写真は明るい光の中、積み上げられた牧草も暖かく感じられ、子供たちも楽しそうに見えますね。

プロと素人の違いの分かる写真、次は草原の中の子供たちです。

気になる方は次のページをご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

ロッククライミングする重機の映像がヤバすぎると話題に!あんなに重厚な物が・・・

ショベルカー 「あのただでさえ重厚な重機が山の急斜面で作業していた」 そんな信じられない話が、証拠の …

ジブリの名作『耳をすませば』のモデルとなった”聖地”と書くシーンを比べた結果…!

ジブリの名作、『耳をすませば』は何度でも見たくなる素敵な映画ですね。 気づけばもう20年前になるので …

雪合戦の雪玉は北海道育ちの人が作った場合と他県育ちの人が作った場合でこうも違うのです…!

北海道育ちの人が作る雪合戦の雪玉と、北海道以外の他県育ちの人が作る雪玉ではこうも違うようです…!詳細はこちら・・・

「カメラのキタムラ」だった建物が『交番』になった!ちょいとデカすぎやしませんか?(笑)

ある店舗が撤退後、他の店舗がその建物を再利用して営業するという話はよくあることです。 青森県では有形 …

火垂るの墓のポスターに隠されたメッセージとタイトルの本当の意味を知っていますか?

火垂るの墓のポスターに隠されたメッセージが話題に!さらに、この映画のタイトルが持つ本当に意味に鳥肌が止まらない・・・

PREV : 病気でこの世を去った親友にお別れのキスをするオウムの姿に切ない気持ちになる・・・
出入り禁止になっても懲りないスーパーを仕事場にしているような猫が話題に! : NEXT