Lenon


Lenonをフォローしよう!


あるネイリストがお客の爪に浮かぶ黒い線を見てすぐに病院に行くように告げた理由がこちら!


ネイリストの忠告

今回ご紹介するのは、ネイリストが気付いたとある爪の状態のお話です。

そのネイリストは、ジーン・スキナーさんという名前の女性です。

彼女は最近、

自身のサロンを利用してくれている1人のお客についてFacebookに投稿しています。

このお客はサロンでジーンさんが担当したのですが、

その爪に入ってる黒い線を目にしたジーンさんはとても心配になりました。

なので彼女はお客様に対し、すぐに医療機関へ行ってお医者さんの診断を受けた方が良いと勧めます。

実はジーンさんが言ったこの時の忠告が、このお客様の命を救う事につながるのです。

一体彼女は何を心配したのでしょうか。

気になる方は次のページをご覧ください。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  1. KARAO より:

    自分も、20年位前、プラモデルの塗料が右手親指に付いたのかなと思っていたのが、出向した勤務先の人間ドックの先生から、専門医に診てもらったほうが良いと、アドバイスをいただきました。
    札幌医大の先生に診ていただいたところ、先ずガンに違いないという診断を受けて、軽ければ爪を取るだけ、次は親指を切断して「ゴムの指」を作ってあげる(!!)、それでもだめなら・・・という事でした。
    丁度その頃に、会社は戦後最大の負債を抱えて破綻し、「会社もなくなり、指もなくなるのかなあ」なんて考えていました。
    さて、実際に爪をペンチで引き抜く段になって、爪を抜くだけにするか、根元の組織もごっそり切って爪が生えてこないようにするか?(その方が安心) と言う決断を先生から突然迫られて迷いましたが、爪が生えてこなくなるのも不便なので、組織は残していただきました。
    そして、2週間後の組織検査の結果は「タダのイボ」でしたが、爪を取った翌日の消毒の時は、自分の親指の萎びた気味悪い姿に、貧血を起こしそうになりました。
    咄嗟の判断でしたが組織(爪母と言うんだそうです)を切除しなくて良かったです。

  2. 匿名 より:

    命を救う事になった、って書いてるけど、
    その客から、今後の経過は悲観的である事が告げられたらしいよ

  関連記事

水族館の飼育員が要望に応えて本気で描いたペンギンの絵が上手すぎると話題に!

須磨海浜水族園 動物園や水族館など、小さな頃に行って楽しかった思い出は多くの人の胸に残っていると思い …

「どうしてゾウの鼻は長いの?」と聞いた少女に対するお母さんの答えに目からウロコ!

「どうしてゾウの鼻は長いの?」とお母さんに聞いた少女!それに対するお母さんの回答が目からウロコが出そうなほど素晴らしい・・・

パジャマに潜ってまったりしている猫をおもちゃを使っておびき出した結果→かわいい光景が完成した!

みなさんは、ネコが『洗濯物好き』ということをご存知ですか? 洗濯物をたたんだりしているとネコがどこか …

頭が上下逆さまになる障害を持った男→医者の予想を覆すほどの生命力に世界が心揺さぶられる…!

ブラジルに住むクラウディオ・ヴィエイラ・デ・オリヴェイラさんは、先天性多発性関節拘縮症(センテンセイ …

九死に一生を得た少年は天国を見てきた!?生死を彷徨い、目にしたのは「死んだ父親」と「生まれてこなかった兄弟達」…!

大事故 悲劇が起きたのは1997年7月。 アンディ・ケンプさんと妻のジュリーさん、 そして8歳の息子 …

PREV : 猫好きではなかった男性が1匹の猫と運命的な出会いを果たした結果・・・
電車にはねられるも奇跡的に回復し、助けてくれた警官の家族となったピットブルの物語! : NEXT