Lenon


Lenonをフォローしよう!


公園の多目的トイレのランプがついていても子どもだけで入るのは危険!その理由はこちら・・・


大きな公園には、たいてい多目的トイレがありますね。

多目的トイレというのは、

赤ちゃんのオムツを交換する時や障害者の方などが利用できるように設計されたトイレのことです。

こうした多目的トイレには、扉横にランプがついています。

これは使用者が何かあった場合に、緊急事態であることを外部に知らせるためのものです。

中の非常ボタンを押すことによって点灯します。

ランプが点灯していたら、通りかかった人は開けてみるか誰かを呼ぶか、なんらかの対応をするでしょう。

しかし、

Twitterユーザーの眠気子さんがそれによって起きる危険を危惧する投稿をして大いに話題となっています。

点灯している多目的トイレでは誰かが助けを呼んでいるはずです。

それを助けるための行為が危険とは一体どういうことでしょうか?

気になる方は次のページをご覧ください。

1
2



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

巨大な笠雲によって富士山の上に富士山が出現!さらに海外でも不思議な雲が現れた・・・

雲にも飛行機雲や入道雲など色々な種類がありますが、「笠雲」といわれる雲をご存知でしょうか? 笠雲とは …

日本のエスカレーターが車椅子にも優しいと海外から大絶賛!こんなこともできるって知ってましたか?

みなさんも普段から使っているであろう「エスカレーター」。 階段の利用が難しかったり大変な人も楽に昇降 …

東京ディズニーランドが絶対に迷子のアナウンスをしない理由を知っていますか?

毎日たくさんの人が集まる場所、ディズニーランド。 「夢の国」と呼ばれて親しまれていますが、まるで魔法 …

オムライスの進化が凄まじすぎてとても食べられそうもない!洋食の定番の衝撃クオリティをご覧ください・・・

子どもが大好きなメニューの「オムライス」。 大人でも好物な方は多いのではないでしょうか? NHKの朝 …

『日本はずっと日本』→社会の年表から分かるギネスにも認定された『世界最古の国』日本のスゴさ…!

世界の観点から見ますと、日本は摩訶不思議な国として見られているそうです。 小中学校で日本史を習った時 …

PREV : 冷たい川に捨てられていたうえに足を切断された子犬が保護されて奇跡の回復を果たすまでに心震える…!
犬と猫はおやつを待っているだけなのにどんどんコントのような感じに・・・(笑) : NEXT