Lenon


Lenonをフォローしよう!


1歳の男の子が誘拐され、21年後にようやく母親のもとに警察から見つかったとの連絡が入った結果…!


誘拐

1995年、

マリア・マンシアさんは夫であるヴァレンティン・ヘルナンデスさんと

カリフォルニア州のランチョ・クカモンガで暮らしていました。

息子のスティーブさんはそのときまだ18か月で、

ある日帰宅したマリアさんは息子がいなくなっていることに気づきます。

maria1

夫に息子を誘拐されたことに気付いたマリアさんは、すぐに警察へ通報しました。

しかし写真が全て持ち去れていたため、捜索はなかなか進みませんでした。

警察はその後、マリアさんの親戚からスティーブさんの写真提供を受けましたが、

それは非常に低画質なものでした。

maria2

その後も捜査は進展せず、21年の年月が流れました。

しかし今年2016年の春、サンバーナーディーノ地区検察局児童誘拐科の調査官から、

メキシコのプエブラで現在22歳になるスティーブさんを発見したとの連絡がきました。

DNA

スティーブさんとその父親がプエブラに暮らしているらしい、

という情報を調査官が得たのは2月のことです。

maria3

調査官達は、父親が行方不明になっていることを理由としてスティーブさんからDNAサンプルを入手し、

マリアさんの提出したサンプルとマッチしたのを確認しました。

maria4

後日マリアさんは、21年間ずっと待ち望んでいた我が子との再会を果たします。

お互い緊張していましたが、スティーブさんを両腕に抱きながらマリアさんは涙が溢れ出しました。

maria5

スティーブさんにとっても、それはずっと待ち望んでいたことでした。

スティーブさんは生死不明の母親が、自分のことをずっと探していたことを知って衝撃を受けたと言います。

再会のプレゼント

スティーブさんはマリアさんとの再会に、あるプレゼントを用意していました。

それはあの日失われた彼の赤ん坊時代の写真でした。

またスティーブさんの父親は、彼にマリアさんが自分たちを捨てたと話していたらしいのです。

maria6

自分の子どもがある日突然誘拐されるなんて、なかなか想像できません。

しかも21年後にようやく再会するというのなら、なおのこと想像はできませんよね。

ですが、今回紹介したマリアさんとスティーブさんの話は確かに現実に起きた出来事なのです。

マリアさんとスティーブさんの21年間の苦労は相当なものだったろうと思いますが、

これから少しずつ失った時間を埋めていければ良いですね。

出典:Sharebly/YouTube

【関連記事】

この3つの画像に対する考えからあなたの対人関係の作り方が分かる!誘拐犯はどれでしょう?

警察署を訪れた男性は古い写真を取り出した→そこに写っていた少年がきっかけで11年ぶりに感動の再会を果たす…!

殉職した警察官の同僚は、全員その人の娘の叔父さんとなった!学校へとエスコートする様子に胸が熱くなる・・・

車の中の家族は中毒でおぞましい状態となっていた!警察はその恐ろしい画像を公開することを決意する・・・

この赤ちゃんは両親によって、メモと共に公園に捨てられていた→4年後の赤ちゃんの変化に親は言葉が出なかった…!


スポンサードリンク

1
2

この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  1. サド より:

    日本じゃ、奥さんが誘拐しても、
    政府も裁判所もみんなおとがめなしなんだけどね。
    国際常識では、誘拐なのに、不思議だね。
    拉致国家ニッポン!

  2. 実子誘拐被害者 より:

    日本では毎日のように起きている事件ですよ?
    ぜひそうした件にもクローズアップお願いします。日本は誘拐天国だし、海外から日本へ子供を誘拐されると絶対に取り戻せないので「ブラックホール」と揶揄されて国連決議や世界中の政府から日本の対応が非難されています。

    • いすけ より:

      海外から日本へ?ブラックホール??
      そんなの全く聞きませんが。

  関連記事

神主さんが履く袴の色には意味があった!『松葉色』だと研修生ってホント?

みなさんは、袴の色に意味があることをご存知ですか? 神社にいる神職の方や巫女さんなどが、袴を履いてい …

夜ベッドで寝る前にこのポーズをとることであなたの体に降りかかる奇跡を味わおう!

眠れない… みなさんは、良質な睡眠をとれていますか? 布団に入っても寝つきが悪い、何度か夜起きてしま …

そのニキビ、潰そうとしていませんか?絶対に潰してはいけない理由にきっと驚く…!

皮脂の分泌が盛んになる思春期は顔にニキビが…。 青春のシンボルとされているニキビですが、特に女性には …

南シナ海に浮かぶ秘境の島はまるでラピュタそのもの!ツタに覆われた廃村が作り出す神秘的な世界・・・

廃村と化した神秘の島 人の住まなくなった建物は時間と共に朽ち果てていき、いずれ自然の中へと消えてしま …

なかなか良いチョイス?世界のスティングの好きな日本のラーメン屋ベスト3がこちら!

スティング ミュージシャンとして有名な「スティング」 1977年に「ポリス」を結成後、翌年1978年 …

PREV : 家の中の事故で右目を失い、体も麻痺した猫!でも猫の前向きな心が奇跡を起こす・・・
シェルターで一緒に暮らしていたフェネックと黒猫→感動の再会を果たした時の笑顔が微笑ましい…! : NEXT