Lenon


Lenonをフォローしよう!


ホッチキスの針のパッケージに書かれた驚愕の一文に今までの苦労を返して欲しい人が続出!


ホッチキスの針

ホッチキスは、学校でもオフイスでもよく使う文房具ですね。

hotti1

資料やレポートなどをまとめるのにとても便利なものです。

しかし、一度ホッチキスで打ってしまったものを外したい時はかなり苦労しませんか?

書類を処分したい時やホッチキスでまとめたものをやり直したい時などに、

針を外すのは結構大変な作業です。

hotti2

ホッチキスの針を外す道具もあるようですが、手間がかかりますね。

イライラした経験がある方も多いのではないでしょうか。

それが、ホッチキス針のパケージの裏に書かれている一文を見て、

この面倒な作業は必要なかったらしいとTwitterで話題になっているようです。

さて、どのようなことなのでしょう。

気になる方は次のページをご覧ください。

1
2



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  1. リ-サイクル大好き より:

    知ってましたよ。でもステイプラーの針をリサイクルするために外して集めるのです。

  2. うちの勤務先は精神論大好き より:

    総務のおねぇさんはこんな取説に納得しないかと

  3. 匿名 より:

    シュレッダーでアウト

  4. タイちゃん より:

    同じようなことで思うのは、窓付き封筒です。
    窓に貼ってある透明のシートを外さないと古紙回収に支障が出るのでしょうか。

  5. 富永悦夫 より:

    ただし、シュレダーの歯に対してはどの程度のダメージがあるのでしょうか?

  6. ぼの より:

    針がついたままシュレッダーにかけて捨ててますよw
    もちろんシュレッダーの機器によりますが

  7. マイメロ より:

    知ってる人の方が多いですよ!絶対。

  8. 匿名 より:

    知ってた。と言うより、随分前にMaxの社員に教えてもらった。
    古紙溶解の行程で沈むので、問題ないとの事。
    ホチキス針より、ノンカーボン用紙(複写紙)が混ざる方が問題との事。

  9. みよ爺 より:

    知らなんだぁー。いつからこんな表記があったのでしょう。小さなことですが、確かに驚愕です。

  10. 匿名 より:

    古紙再生の現場で働いていますが、支障ありありです。

  11. ボマイエ より:

    毎日使うものだからほとんどの人は知ってるし、会社でも徹底してるので、今さらという感じです。

    よく読んで正しく使いましょうね。

  12. 匿名 より:

    残念ながらホチキスの針を外すのは古紙回収の目的ではないのです。普通の企業なら秘密保護の観点からシュレッダーするのが常識。そのシュレッダーの刃が傷むから外すのが理由です。ホチキスを考えることはその書類まで考えることがサービスと思います。

    • 匿名 より:

      私の方法 用紙枚数が2-3枚なら手でホチキスの部分を破りとり、用紙はシュレッダーに、破いたホチキス部はゴミ箱へ。

  関連記事

adati

マツコ・デラックスをも唸らせたカメラマンの夫によって撮影された安達祐実のプライベート画像をご覧ください…!

マツコ・デラックスさんとナインティナインの矢部浩之さんがメインMCを務める番組である、 フジテレビ系 …

hikou

圧巻の写真6選!同じ日・同じ場所を飛行した写真を一枚につなぎ合わせた写真がかっこよすぎる・・・

これは、ロサンゼルス空港近くで撮影されたロサンゼルスを拠点としている写真家、 マイク・ケリーさんが作 …

hutago

ジェナとジリアン!手をつないで生まれた双子→2歳になった現在の姿は・・・!?

アメリカのララ・シスルスウェイトさんは2014年の母の日の数日前、 双子の女の子を出産しました。 生 …

dress

このドレスは何色?人によって見える色が変わる不思議なドレスが世界を惑わす!

正解は「青と黒」です! 「いやいや違うでしょ!」と思った方、結構いるんじゃないですか? 「その通り! …

gatya

成田空港に大量のガチャガチャが出現→その理由に納得せざるを得ないこと間違いなし!

突然ですが、皆さんはガチャガチャはお好きですか? 筆者が小学生の時はよく友達を連れて一緒にガチャガチ …

karasu
PREV : 「お前も意外と可愛いとこあるじゃん(笑)」カラスが餌をドヤ顔でおすそ分け?!
nozo
妻がお風呂に入ると必ず覗きに来るワンちゃん!不思議行動の理由と背景に考えさせられる・・・ : NEXT